TBS、お前そういうところだぞ ~ W杯中継、スペインとロシアの紹介BGMに何故かスメタナの「我が祖国」

「なぜロシアでモルダウ?」「いい加減さが…」「雰囲気で選んでいない?」

たぶんこのどれか、あるいは全てが選曲理由。スペインとロシア、どちらにも肩入れできないという事情があったとしても、チェコ人作曲家による「我が祖国」という選曲はちょっとセンス悪すぎんよ。まだこれの方がネタとして通じるぞ。

「ここでこういう悪ノリできないのがTBSの限界でしょうかね」
「ホント、そういうところだぞ。TBS」

まあ、試合の方は十中八九スペインの勝ちで決まりだけどな。

TBSのW杯中継、スペインとロシアの紹介BGMでスメタナ「我が祖国」が流れ疑問の声

TBSのW杯ロシア大会決勝トーナメント1回戦スペイン―ロシア戦中継が1日、午後10時から始まった。午後11時からの試合に先立ち、番組では事前に両国について紹介した。
だがそこで使用したBGMに、SNS上で疑問の声が上がっている。スペインとロシアの紹介の際に、チェコの作曲家スメタナの「わが祖国」がBGMとして使われたことに「なぜロシアでモルダウ?」「いい加減さが…」「雰囲気で選んでいない?」などの書き込みが相次いだ。
「ボヘミアの流れ…」で始まる歌詞で日本人にもなじみがある曲だが、スペイン、ロシアとは全く無関係。ツイッター上では、違和感を覚えた人が続出している。

(2018/7/1 スポーツ報知)

1 個のコメント

  • 大会初の延長死闘はPK戦の末、ロシアがスペイン撃破し8強に

    うそッ!?マジですかい!?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。