富山県の交番及び小学校で島津慧大21歳が警察官と警備員3人をナタや拳銃を使って殺傷

犯人の島津慧大21歳も撃たれて重体。このままだと、犯行動機が分からないままこの馬鹿男も死に、2人が殺され1人が重傷という悲劇だけが残される可能性があるのか。

「そんな勝手が許されていいわけないじゃない」

そんな逃げ得許していいわけないじゃない。6/10の小島一朗22歳@のぞみ265号事件と同様、今回の島津慧大21歳もキッチリ罪を背負わせて死刑にしなきゃ、殺された人が浮かばれない。

まさかと思うが、今回の島津21歳は小島22歳に触発されて、今回みたいな凶行に及んだんじゃあるまいな? まさかそこまで馬鹿じゃないよな。

警官刺殺、拳銃強奪=小学校警備員撃たれ死亡―交番相談員も刺す、男逮捕・富山

26日午後2時ごろ、富山市久方町の奥田交番で、富山県警の稲泉健一警部補(46)が男に刃物で刺され、拳銃を奪われた。
県警によると、稲泉警部補は搬送先の病院で死亡が確認された。男は、近くにある市立奥田小学校の警備員中村信一さん(68)に発砲し、中村さんも死亡した。
駆け付けた別の警察官が男に発砲し、弾は左腹部に命中。男を取り押さえ、殺人未遂容疑で逮捕した。男は病院に搬送されたが、重体という。
稲泉警部補は交番の裏口付近で襲われたとみられ、死因は出血性ショックだった。警部補のほか、交番相談員も刺され重傷を負った。相談員が近隣住民に助けを求め、住民が110番した。
現場はJR富山駅から北東へ約1キロメートルの道路沿い。

(2018/6/26 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。