最初から指紋照合しとけば良かったのと違うか? ~ 松戸の妻「去年江戸川で死んだ夫が先月帰ってきた」

とりあえず、不幸な偶然や季節外れの怪談話で誤魔化すには、お粗末すぎるよねえ。

遺体取り違え引き渡し=「死亡男性」帰宅し判明―警視庁

警視庁は12日、自殺したとみられる男性の身元を取り違え、別人の親族に遺体を引き渡していたと発表した。
死亡したはずの男性が約1年後に帰宅して判明。保管していた遺体の指紋を改めて確認したところ、行方不明になっていた別の男性と一致したという。
同庁によると、身元誤認があったのは東京都葛飾区の江戸川で昨年6月下旬に水死した男性。行方不明届が出ていた千葉県松戸市の40代前半の男性と年齢や身長が近かったため、亀有署が妻ら親族3人に遺体を見せ、「間違いない」と話したため引き渡した。
しかし、今月6日に男性の妻から「夫が先月帰ってきた」と同署に連絡があり、人違いだったことが判明。昨年6月に都内の30代後半の男性が行方不明になっており、遺体の指紋と照合したところ一致した。同署は男性2人の親族に謝罪し、遺骨の引き渡しを進めている。
松戸市の男性は妻と別居しており、自殺を示唆する手紙と荷物を自宅に送っていた。遺体の顔は少しむくんでいたため、妻も本人と疑わず、着用していた服や靴は遺品として大切に保管していたという。
同庁の上原智明刑事総務課長は「誠に遺憾で、再発防止の徹底を図る」とコメントした。

(2018/6/12 時事通信)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。