【本命・非公式首脳会談】金正恩が妹の金与正や北朝鮮上層部と夜のシンガポール「観光」【対抗・亡命準備会談】

トランプ米大統領との会談を明朝に控えた身で、多大なリスクを背負ってまで観光に出歩く理由がない。普通に考えて。

  • マリーナベイ・サンズホテルは、トランプ米大統領の後援者で米与党・共和党の大口献金者でもあるシェルドン・アデルソン氏の所有するホテル。
  • 単独としては世界最大とされるカジノのほか、ショッピングモールやコンベンションセンターを併設する複合リゾートで、アデルソン氏とトランプ氏との関係から今回の米朝首脳会談の会場候補とも言われていた。

つまり、「本番」は既に終了しているという事だ。

6月12日現地時間午前9時から始まる米朝首脳会談は、セレモニーでしかない。喜劇か悲劇か笑劇か。どういう演出がなされるかは当事者たちのみ知る。とりあえず、事ここに至れば、日本はじめ当事者以外のお歴々は

バンザイして鑑賞するしかないけどな。ツィッター大好きオヤジと黒電話による、舞台装置と観客数だけはゴージャスな三文芝居を。

<正恩氏>夜の「観光」 妹や党幹部とホテル、植物園など

【シンガポール高本耕太、渋江千春】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は11日夜、宿泊先の高級ホテル「セントレジス」から車で外出した。聯合ニュースによると、実妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長や、李洙墉(リ・スヨン)党副委員長らが同行したという。金委員長はホテル「マリーナベイ・サンズ」を訪れた。近くの植物園にまず立ち寄り、シンガポールのバラクリシュナン外相らと記念撮影した。
マリーナベイ・サンズホテルは、トランプ米大統領の後援者で米与党・共和党の大口献金者でもあるシェルドン・アデルソン氏の所有するホテル。単独としては世界最大とされるカジノのほか、ショッピングモールやコンベンションセンターを併設する複合リゾートで、アデルソン氏とトランプ氏との関係から今回の米朝首脳会談の会場候補とも言われていた。

(2018/6/11 毎日新聞)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。