【イラン流】ハメネイ師「ウラン濃縮活動を拡大して欲しくなかったら英仏独は核合意に留まれ」【瀬戸際外交】

ハメネイ師はウラン濃縮活動の拡大をちらつかせることで、3カ国に対して条件の履行を強く求めた格好だ。

「ぬるいわね」
「そりゃ、北朝鮮慣れしている日本人から見れば、大概の瀬戸際外交はぬるめだよ」

それとも、イランがまだ本気で追い詰められていないだけとか?

だってほら、イランのバックには、まだ「利害関係で結びついている」シリアとロシアがいるし。中国の顔色一つで国の命脈が絶たれる北朝鮮と違って。

<イラン>ハメネイ師「ウラン濃縮活動拡大の準備を」

◇イラン核合意の崩壊に備えて
【ニューデリー松井聡】イランの最高指導者ハメネイ師は4日のテレビ演説で、核合意が崩壊した場合に備え、ウラン濃縮活動を拡大するための準備を行うよう関係機関に命じたことを明らかにした。イランは、米国が離脱した核合意にとどまる条件として、合意の維持を主張する英仏独に銀行間取引の継続などを求めている。ハメネイ師はウラン濃縮活動の拡大をちらつかせることで、3カ国に対して条件の履行を強く求めた格好だ。
また、イラン原子力庁は5日、ウラン濃縮能力の拡大の準備に関する計画を国際原子力機関(IAEA)に近く報告することや、同国中部ナタンツのウラン濃縮施設で新たな遠心分離機の設置準備を始めていることを明らかにした。
イランメディアによると、ハメネイ師は「敵国が我々の核技術の発展を止めることは決してできない」と主張。ウラン濃縮能力を大幅に拡大するには、相当数の遠心分離機の増設が必要になるとみられる。

(2018/6/5 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です