【PC破壊の音響兵器】PCをクラッシュさせる音響攻撃「ブルーノート」【何てハートビートな響き】

  • PCの内蔵スピーカや近くにあるスピーカから攻撃用の音を流すだけで、ハードディスクにダメージを与え、結果的にPCをクラッシュさせられる、としている。
  • ブルーノート攻撃の対象は、スピーカとハードディスクが組み合わされたシステムであり、PCに限定されない。例えば、撮影した映像をハードディスクへ記録する監視カメラなども標的になる。

「流すだけ」「ダメージ」「クラッシュ」「限定されない」「撮影した映像をハードディスクへ記録する監視カメラなども標的になる」。厨二心をつつく単語の羅列。悪の響きのオンパレード。

「…大腿部のジョイントにオイル漏れ警報です」

邪心なよろめきですわ。邪神の誘いですわ。

PCをクラッシュさせる音響攻撃「ブルーノート」–スピーカから音を流すだけで

セキュリティ企業のESETは、ハードディスク搭載PCをクラッシュさせる音響攻撃「ブルーノート」に関して注意を呼びかけた。PCのスピーカやPCの近くに置かれたスピーカからある種の音を流すだけで、PCを使用不能な状態に陥れられるという。
この攻撃は、ミシガン大学と浙江大学の研究チームがデモンストレーションしたもの。音楽である音程を意味する用語“ブルーノート”と、Windowsのクラッシュ画面“ブルースクリーン”から、ブルーノート攻撃と呼ばれるようだ。
研究チームによると、音の振動でハードディスクの読み書きヘッドとプラッターがそれぞれ振動し、振幅が限界を超えるとハードディスクそのものが損傷したり、ソフトウェアが誤作動したりして、ファイルシステムが破壊されクラッシュやリブートに至るという。攻撃を実行するにあたり、特殊な装置は必要ない。PCの内蔵スピーカや近くにあるスピーカから攻撃用の音を流すだけで、ハードディスクにダメージを与え、結果的にPCをクラッシュさせられる、としている。
ブルーノート攻撃の対象は、スピーカとハードディスクが組み合わされたシステムであり、PCに限定されない。例えば、撮影した映像をハードディスクへ記録する監視カメラなども標的になる。

(2018/5/31 CNET JAPAN)

ここで「【 手描きミリオンライブ】 ENTER→PLEASURE」を紹介。

邪神の誘いに心乱れた時は、女神の歌声で心を清めるのが俺のジャスティス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です