【衛星(ほし)を廻せ】三井物産と宇宙ベンチャー「スペースBD」が超小型衛星バラ撒き事業をJAXAから受託【極軌道(せかい)のまんなかで】

♪ もしかしたらどこかでホリエモンがランデブー ♪

 民間企業の発想を導入して国際競争力を高めるのが狙い。2020年には官民合わせ年間100基の衛星放出を目指す。

1個ウンtの静止軌道衛星の打ち上げ数は、全世界でもせいぜい年間30個前後。一方、超小型衛星は極軌道&低高度中心に年間数千個の時代がもうすぐだからなあ。そりゃ超小型衛星1個を小型ロケット1発で上げるよりは、

「ミニ衛星100発を大型ロケット1発にギュウっと箱詰め」
「地球から遠く離れた秘密の部屋に持ち込んで、(*´Д`)ハァハァしながら荷ほどきした方が効率はいいよね!」

ん?どこか間違ってるかな?人として。

ミニ衛星放出、民間に開放…官民で年に百基目標

宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))は29日、国際宇宙ステーションにある日本の実験棟「きぼう」から超小型衛星を放出する事業について、三井物産と宇宙新興企業「スペースBD」の民間2社に開放すると発表した。
民間企業の発想を導入して国際競争力を高めるのが狙い。2020年には官民合わせ年間100基の衛星放出を目指す。
放出事業は12年に始まり、JAXAが新興国や大学などの28基を放出してきた。今後、2社は独自に衛星を受注し、実際の放出は引き続きJAXAに委託する。20年には放出する衛星の7割を民間で担う計画だ。

(2018/5/30 読売新聞)

ここで「真フゴッターロボ・みちるSSRの日『今がその時だ』」を紹介。

効率的なバラ撒きもいいけど、やっぱり衛星は打ち上げがいいよね。爆音と爆炎は男の子のロマンだよ。ぬふぅ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。