【終わりの】ドナルド・トランプが金正恩に通告「6月12日の米朝首脳会談は中止」【始まり】

Q.どうしてこんなことに?
A.米国が北朝鮮の現体制維持を認めなかったから。トランプが金正恩の命乞いを受け入れなかったから。

至極シンプルな話。

それにしても、核実験施設の閉鎖イベントをやらせた後のこの仕打ちか。キレるだろうなあ金は。そして散々弄ばれた挙句に追い詰められた文在寅は

「ソウル炎上が避けられないなら、みんな死ぬしかないじゃない! あなたも…わたしも!」

だろうなあ。

とりあえず日本は、西の防備を固めよう。朝鮮半島の平和のためにではなく、日本国の安全のために。もはや、耳ざわりの良い綺麗ごとも甘い期待も無用だ。

<米朝首脳会談>中止に ホワイトハウスが発表 

 【ワシントン高本耕太】米ホワイトハウスは24日午前、トランプ大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に宛てた書簡を発表した。北朝鮮側が示した直近の「怒りとあからさまな敵意」を理由に、6月12日に予定されていた米朝首脳会談の実施は「適切ではない」として、中止を通告している。

(2018/5/24 毎日新聞)

 

1 個のコメント

  • トランプ大統領「6月12日開催ありうる」
    米朝首脳会談ドタキャン 北朝鮮“異例の”低姿勢

    米国も北朝鮮も「軍事衝突前の時間稼ぎ」に必死だな。もっとも、「時間稼ぎ」のニュアンスは米朝で若干異なるけど。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です