「日大は被害者面をやめてください!泣いてる選手もいるんですよ!」~ 悪質タックル騒動の日大、緊急会見も大紛糾

会見では当該選手が、内田前監督らによって精神的に追い込まれた状態だったのではとの主旨の質問が飛んだ際に、監督らの回答を受け、質問者が再度「なにも感じませんか」と続けた際に、司会者が「やめてください」「打ち切りますよ会見」と厳しい声で制する場面もあった。

なんだかなー。

マジでなんだかなー。

日大会見 紛糾も…司会者が「やめてください、会見打ち切りますよ」

アメリカンフットボールの定期戦(6日)で、日本大の守備選手が関西学院大の司令塔であるクォーターバック(QB)選手に悪質なタックルを仕掛けて負傷させた問題で、日大の内田正人前監督、井上奨コーチが23日、東京都千代田区の日大本部で緊急会見を行った。

会見では当該選手が、内田前監督らによって精神的に追い込まれた状態だったのではとの主旨の質問が飛んだ際に、監督らの回答を受け、質問者が再度「なにも感じませんか」と続けた際に、司会者が「やめてください」「打ち切りますよ会見」と厳しい声で制する場面もあった。

司会者は、質問者に対し「やめてください、やめてください、一人で何個も聞かないでください。やめてください、他にも聞きたい方はいっぱいいるんです」と制した。

ここは井上コーチが「申し訳なかったと思います」と、質問に答えたが、さらに質問が飛びかけると、司会者が「やめてください、打ち切りますよ会見!」と制した。

(2018/5/23 デイリースポーツ)

ここで「【MMD】崖から突き落とされたミライアカリ達」を紹介。

日大は「僕のブランドはおちましぇん!僕のブランドはおちましぇんから!」と強弁しているけど、今回の会見で確実に落ちたよなあ。このMMDのバーチャルYouTuberたちよりも確実に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です