「豊洲市場移転と築地市場再整備の二兎を追う愚策宣言」小池百合子都知事の本音は「これまでの豊洲ゴタの責任追及を止めてくれれば、都議会第1党の座を自民党に譲りましょう」

 3月の石原慎太郎元都知事の証人喚問の時は、(結局森友&加計騒動などのために行われなかったが)4月の解散総選挙まで下手に動かず、7月の都議会選で都民ファーストの会と公明党以外の勢力を駆逐した後、改めて「ユリーが改良したんだよぉ☆豊洲移転プロジェクト」を進めるつもりと読んでいた。が、どうやらマダム寿司の能力なり胆力なりを買い被っていたようだ。

 だって、下手に動かないどころか、五輪問題一つとってもダッチロールが酷くなる一方だったもんな。小池都政。豊洲にも決めきれず。築地にも逃げれない。メッキ剥がれる中、迷い子ね。そして6月アタマにやらかしたのがコレ。

小池百合子都知事、自民党に離党届提出で「逃げ場無し」な件について(2017/6/1)

  • 都議選で本気になって自民党と戦うなら、都民ファーストの会が自民に勝とうが負けようが、小池百合子は100%除名処分。都知事の「次」は無い。
  • 東京五輪や豊洲問題その他で国政側のサポートが欲しければ、都議選は自主的にセカンドを狙え。そうすれば、都政への支援はもちろん、自身の復党の目を残してやらんでもない。

自民党某(仮)「好みの嬲られ方を選びなさいな。百合子さん」

 そして次にやらかしたのが、今日のコレ。決めた本人が自覚しているかどうかは分からんが、6/1の離党宣言に続く今回の決定は、小池自身への支持層と自民党支持層の双方の期待を忖度した、いわば「ただの問題先送り」「無駄の極致」以外の何物でもない。敢えて言おう。愚策であると。

 マダム寿司に負けず劣らず、絶賛「死に体」中だった菅義偉や下村博文からすら、「約6000億円という膨大な費用をかけた豊洲移転について、都知事がどのような対応をされたのか。都民は注目するのではないか」「問題の先送りになる可能性が非常にある」「都議選で(移転推進と反対の)両陣営に耳障りの良いことだけを言うのではなく、(コスト面で)大丈夫なのか説明してもらわないといけない」とドヤ顔で揶揄されても、何も言えんわな。そして何もやれんわな。この後を考えれば。

f:id:kagura-may:20170620215350j:image:w300

 その通り。6月23日の告示日は、せいぜいいい声で啼くんだな。都議選でユリーにできるのはそれだけだ。

小池都知事、豊洲移転を表明 築地も再開発

 東京都の小池百合子知事は20日、臨時記者会見を開き、築地市場を豊洲市場に移転した上で築地跡地を再開発する方針を正式に表明した。築地跡地は売却せず、食文化や観光の拠点などとして有効活用する方針だ。市場移転が決まらないために停滞していた五輪道路の建設など街づくりも再始動する。

 小池知事は(1)「築地は守る、豊洲を活かす」(2)豊洲はIT(情報技術)を活用した総合物流拠点とする(3)都民の信頼回復に徹底的に取り組む――の3つの基本方針を発表した。

 豊洲市場について、知事は「新たな中央卸売市場としての機能を優先させる」と明言。「その上で物流の機能をさらに高めていく」と話した。羽田・成田の両空港へのアクセスが便利な立地をいかし、従来の市場機能のうち転配送や市場外流通の役割を維持・発展させる。新しい冷凍冷蔵設備を備えた豊洲は、2020年からの新しいフロン規制に対応した業務用冷凍冷蔵庫の更新需要を満たせるとみている。

 築地市場は5年後をメドに再開発する。20年五輪までに跡地に幹線道路の環状2号を開通させ、当面は五輪用の輸送拠点として活用する。大会後は「食のテーマパーク」として発展させる。

 ただ豊洲、築地とも具体的な利用案は示さなかった。今後、都民の意見を募りながら検討するという。豊洲の開場時期などについても言葉を濁した。「詳しい日程は市場関係者と話を詰めていかないといけない」などと述べるにとどめた。

(6月20日 日本経済新聞)

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です