タンク清掃と溶接工事を同時にやった韓国タンカー爆発な件について

船長は「午後6時40分ごろ、甲板上で溶接作業をしていたところ爆発した」と説明。同署が当時の状況を調べている。

 ちなみに同タンカーでは、溶接工事と同時に、潤滑油を降ろした後の空タンクの清掃もやっていたそうな。

f:id:kagura-may:20160910131651p:image:h250

「溶接トーチの火花で気化した油が引火したのね。なんてこと…」

「小さな傷が命取りになることもあるわ」

「夕方は事故が起こりやすいと言ったでしょう?」

「気を引き締めてかからないからこんな大事故になるのよ」

 イヤ、マッタク。

韓国籍小型タンカーで爆発か 和歌山沖、3人死傷

 9日午後7時ごろ、和歌山県御坊市日高港沖を航行していた韓国籍の小型タンカー「EIWA MARU3」(740トン、10人乗り組み)から「乗組員がやけどを負い、和歌山下津港に戻っている」とタンカーの代理店を通じて海南海上保安署に通報があった。機関長を務める韓国人男性の死亡が病院で確認され、インドネシア人の乗組員2人が重軽傷を負ったという。

 同保安署によると、船長は「午後6時40分ごろ、甲板上で溶接作業をしていたところ爆発した」と説明。同署が当時の状況を調べている。

(9月10日 朝日新聞)

 ここで「【東方MMD】最後に交換した物は・・・」を紹介。


D

世の中、何事も小さいことと最後が大事。

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。