東京都の有権者の投票行動は、面白くない意味で現実的だった

 昨日投開票の東京都知事選。上位候補者の得票数は、ざっと以下の通り。

  • 小池百合子 291万票
  • 増田寛也 179万票
  • 鳥越俊太郎 135万票
  • 上杉隆 18万票
  • 桜井誠 11万票
  • マック赤坂 5万票
  • 七海ひろこ 3万票

 増田の得票数は、直前の予想通り「170-180万票」のレンジに収まった。組織票の積み上げで簡単に読める陣営だから、これは当然。

 しかし、鳥越俊太郎は1週間前時点の持ち票「140-150万票」からほとんど減らさなかった。小池百合子に至っては予想の上限230万票を軽く超える291万票をGETした。背景を理解するのは難しくないが、正直不愉快だ。

 アンダードッグ効果とバンドワゴン効果…だけとは言わんが、結局、無党派層は最後には日和るのか。「21候補者を公平に報道しろ!」ムーブメント以来のネットの動向を見ていると、尖がった右翼・保守層は小池から桜井へ、少しは話の通じる革新かぶれな連中は鳥越から上杉へ、各々10~15万票以上は流れてもおかしくないトレンドだったし、無党派層票はもっと幅広に分散すると思われたんだけどなあ。

 ところが蓋を開けてみれば、21人も出ているのに、上位3候補で得票率92.5%とか、つまんねー限り。

f:id:kagura-may:20150531120700j:image

「そんなに安心したいか。多数派の一員に自分を擬して」

 現実世界の住民としては、現実的な選択行動ではあるんだろう。だが、1999年の都知事選のようなカオス劇場が今回再現されなかったのは、なんか残念。

都知事選4位は上杉隆氏 桜井誠氏は5位に

2016年7月31日に投開票された東京都知事選は、8月1日未明に開票が終了し、当選確実を決めていた小池百合子元防衛相(64)は291万2628票を得票した。

「保守分裂選挙」の末に自民党が擁立した増田寛也元総務相(64)は179万3453票、野党4党(民進、共産、社民、生活)が統一候補として擁立したジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)は134万6103票で、小池氏に大きく水をあけられた。

小池氏が無党派を中心に幅広く支持され、得票率は44.5%だったのに対して、自民・公明の組織戦に支えられて増田氏は27.4%、「野党共闘」の鳥越氏は20.6%にとどまった。

小池氏の得票は14年の都知事選で当選した舛添要一氏の211万2979票を大きく上回ったものの、12年の都知事で猪瀬直樹氏が得た、個人の得票としては過去最高の433万8936票には及ばなかった。

「第二集団」として注目されていた上杉隆氏(48)、桜井誠氏(44)、マック赤坂氏(67)の3氏は、それぞれ17万9631票(4位)、11万4171票(5位)、5万1056票を得た(6位)。

(8月1日 J-CAST)

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。