「蛙の面に小便」にして「滴り積もりて淵となる」 ~ ハーグ仲裁裁判所、中国が南シナ海へ勝手に引いた境界線「九段線」に「歴史的根拠なし」の判決

 中国・習近平政権は、国内向けのパフォーマンスとして表向き無視するしかないが、無視し続ければ国際社会からいずれしっぺ返しが来る。それが今回の九段線判決。つまり、今の中国は、

f:id:kagura-may:20160417140207j:image

「立ち止まって煉獄」「進んで地獄」

 来年の党大会は荒れるだろうなあ。それまでに習近平体制が維持できていればの話だけど。

中国主張に「法的根拠なし」…南シナ海仲裁裁判

 【ハーグ=横堀裕也、マニラ=向井ゆう子】中国の南シナ海における主権の主張は国連海洋法条約に違反するなどとしてフィリピンが提訴した仲裁裁判で、オランダ・ハーグの仲裁裁判所は12日、南シナ海をほぼ囲い込む境界線「九段線」は「歴史的な権利を主張する法的根拠はない」などとする判決を示した。

 南シナ海を巡る中国の主張に国際法に基づく判断が示されたのは初めてで、フィリピンの主張がほぼ認められた。中国は判決を無視する構えだが、主権を巡る主張の根拠が否定されたことになり、外交的に厳しい立場に立たされるのは必至だ。

 訴えで大きな焦点となっていたのは、「九段線」の法的根拠と、中国が南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島で造成を進める人工島の法的位置付けだった。

(7月12日 読売新聞)

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。