いつまで生きるつもりかなんてのを、政治家に宣誓する義務はない ~ 麻生太郎「90歳で老後心配、いつまで生きてるつもりだ」

 「いつまで生きるつもりだ」と問われて、

f:id:kagura-may:20160618193346p:image:h300

 こう答えてくれるようなカッコいい爺様には、長生きして欲しいとは思うけど、それも余計なお世話であることには変わりない。

 とりあえず、素直に「お爺さんお婆さん。来世に持っていけないカネは現世でキッチリ使ってくれよ。孫や子や社会の明日のために」とでも言っときゃよかったんだよ。太郎さんは。昨日今日始まった話じゃないが、偽悪的な表現の使い方が危ういんだよなあ。この人。

麻生氏「90歳で老後心配、いつまで生きてるつもりだ」

 自民党の麻生太郎副総理兼財務相が17日、北海道小樽市での講演で「90歳になって老後が心配とか、わけの分かんないこと言っている人がこないだテレビに出てた。オイいつまで生きてるつもりだよと思いながら見てました」と語った。麻生氏自身も75歳だが、高齢者への配慮に欠けた発言として批判も浴びそうだ。

 麻生氏はこの日、参院選の立候補予定者の応援などで北海道を訪問。小樽市の党支部会合で経済政策について語り、「1700兆円を超える個人金融資産があるのに消費が伸びていない」などと指摘する中で「90歳の老後」に言及。高齢者の貯蓄にも触れて「さらにためてどうするんです? 金は使って回さないとどうにもならない」とも述べた。

 麻生氏の発言に対し、民進党の岡田克也代表は大分県由布市で「国は年金や医療、介護制度で、高齢者の不安に応えなければならない。私は非常に怒っている」と批判。共産党の志位和夫委員長は東京都内で「人間の尊厳をどう考えているのか。血も涙もない」と述べた。

(6月18日 朝日新聞)

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。