【有象無象の区別なく】舛添要一@東京都知事に政治資金規正法違反の疑惑発覚【狙いを定めた文春砲は許しはしないわ】

f:id:kagura-may:20160510231626p:image

「用が済んだらちゃっちゃとおッ死ね。絶倫野郎(ドン・ファン)」

 2年前の都知事選を勝って五輪利権を石原一派から剥ぎ取った時点で、ハゲの役目は終わってる。さようなら都知事。さようなら都知事。じゃね、要一。

 週刊文春がそれを狙っての告発かどうかは分からんけど、実にタイミングの良い効力射だ。参院選が終わったら、次は都知事選の準備かな。東京都とその周辺の自公関係者は、今度こそ仲良く勝てる候補を一緒に擁立しろよ。前回のように、今回も野党勢力が勝手に自滅してくれるとは限らんのだから。

 もっとも、前回のように、自滅していることに気づかず「我らに勝算あり」とがなり立てていた、お目出度い連中が相手であるうちは、さほど警戒せずとも良い。まずは参院選に注力すればいいさ。

舛添都知事に政治資金規正法違反の重大疑惑!

 舛添要一都知事(67)の三つの政治団体、「グローバルネットワーク研究会」(以下「グ研」)「新党改革比例区第四支部」「泰山会」の政治資金収支報告書(2012~2014年)を「週刊文春」特別取材班が精査した結果、政治資金規正法違反の疑いが浮上した。

「グ研」の収支報告書によると、舛添氏は2013年1月3日に、千葉県木更津市のホテル「龍宮城スパホテル三日月」における「会議費用」として、237,755円を計上している。翌年も1月2日にやはり「会議費用」として、133,345円を計上、その金額は、あわせて371,100円となっている。

 正月の温泉リゾートで、いったいいかなる「会議」が開かれたのか。木更津に向かった小誌取材班は同ホテル関係者から次のような証言を得た。

「二回とも、会議は行われていません。舛添さんはお子さんを連れて、家族でご利用になりました。いずれの年もグレードの高い部屋に泊まったと思います」

 言うまでもなく、政治資金には、国民の血税である政党助成金が含まれている。もしこの証言が事実ならば、舛添氏は自身の家族旅行の代金を血税で支払い、かつ「会議費用」と虚偽の記載をしたことになる。

 舛添氏に事実関係を尋ねたが、「すべて法的に適切に処理しています」とだけ回答があった。政治資金規正法に詳しい上脇博之・神戸学院大学教授はこう指摘する。

「収支報告書に会議費用と記しておきながら、内実が単なる家族旅行だとすれば、政治資金規正法の虚偽記載に問われる可能性が極めて高い。しかも繰り返し同じ虚偽記載がなされており、会計責任者の単純ミスではなく舛添氏による意図的なものと考えざるを得ません」

 政治資金規正法の虚偽記載の公訴時効は5年で、「5年以下の禁固叉は100万円以下の罰金に問われる可能性があり、最悪のケースでは公民権の停止もあり得ます」(同前)。

 舛添氏の真摯な説明がまたれる。 

(5月10日 週刊文春web)

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。