ロリポップが運営する、裸で食事できるレストラン「ブンヤディ」、予約殺到 ~ 英国

 運営会社の名前といい、店のコンセプトといい、既に予約3.2万人という「さすがは変態と言う名の紳士の国・英国だぜ!ヒヤッハー!」な現状といい、突っ込みどころ満載な話だが、とりあえず確認したいのは2点。

テーブルは着衣席と「裸でピュア」席のいずれかが選べる。接客係はセミヌードで応対する。

 第一に、全42席のうちの全裸席、接客係のうちの女性、それぞれの割合。

調理には炭火を使う

加工食品ではない食品

 第二に、古代の調理法で作られたイギリス料理は、現代のイギリス料理よりマシなのか否か。

 聞くまでもないか。マシだよね。絶対。やたら煮込むだけの今のイギリス料理より、炭火で素朴に焼いた方が断然旨い、はず。まさかと思うが、炭火でやたら煮込むだけなんて無意味なことはしない、よね。

 やっぱり不安。

 ちなみに、店名の「BUNYADI」はヒンズー語で「自然」という意味。つまり、同店のウェイトレスに最もふさわしいコンセプトは、

f:id:kagura-may:20160504141854j:image:w300

 だよね。異論は認めない。認めてもいいけど、是非ご一考を。

裸で食事できるレストラン、開店前から予約殺到 ロンドン

 (CNN) 英ロンドンに初めて「裸で食事する体験」ができるというレストランが登場し、6月の開店を前に予約が殺到している。

このレストラン「ブンヤディ」はロンドン中部に開店予定で、所在地はまだ未公開。客のためのガウンや更衣室、ロッカーも用意する。

 1度に入店できるのは42人までだが、既に3万2000人以上が予約を済ませた。同店を経営するロリポップ社の担当者は、反響の大きさに驚いていると話し、「みんな裸になりたがっている。ビーチだろうがサウナだろうが、自然の状態でいられるチャンスがあればそれに乗る」と力説する。

 飲食代は1人当たり最高で95ドル。テーブルは着衣席と「裸でピュア」席のいずれかが選べる。接客係はセミヌードで応対する。スマートフォンなどは持ち込み禁止なので、自撮り写真は撮影できない。

 自然な環境を創出するため電気やガスは一切使わない方針。店内の照明はろうそく、調理には炭火を使う。幸いなことに、料理人はヘアネットとエプロン以上の服装を身に着けるという。

 料理は陶器の皿に盛られ、テーブルと椅子は切り株製、それぞれ竹や籐などの仕切りで隔てられる。

 現代のテクノロジーや流行に邪魔されない環境の中、加工食品ではない食品を裸で楽しむことで、「真の解放感」を味わってほしいと担当者は話している。

(5月4日 CNN)

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。