参院選前哨戦は与党の「1勝1不戦敗」 ~ 衆院北海道5区補選は和田義明@自民党、京都5区補選は泉健太@民進党が当選

 北海道も京都も結果自体に驚く点は無い。ただ、

安倍晋三政権・自民党に「北海道5区補選で勝利」した後の国会運営ビジョンはあるか?(2016/4/23)

 宮崎謙介他の自民党の身内連中の醜聞に和田義明自身の出来の悪さも重なって、楽勝ではなくなっているが、基本、北海道5区は和田が獲る。見どころは「及第点」15万票のラインを、彼がどれだけ越せるかという点だけ。北海道5区ついでに、泉健太@民進党が鉄板の京都3区と併せて、補選の話はこれで終わり。

 和田はよくて14万票だろう。

f:id:kagura-may:20160424224833j:image:w250

 物足りない。

 参院選の前哨戦として、この程度の内容じゃ、全然物足りない。次に繋がる勝勢を呼べる結果とはとても言えないね。SEALDsの死神伝説を途切れさせなかった以上の価値は無い。自民党道連も都内の上層部も、ゆめゆめこの負けに等しい勝ちに奢るなかれ。冗談抜きで、与党は「勝って兜の緒を締め直せ」だ。

(4/25 0:20追記 投票率は前回比0.8%減の57.63%。各候補の得票数は、和田が13.6万票、池田が12.4万票。案の定、所属・推薦党の基礎票にほとんど上乗せできなかったな。婿殿は)

衆院補選 北海道5区は自民・和田氏が当選確実

 与野党が全面対決する構図となった衆議院北海道5区の補欠選挙は24日に投票が行われ、自民党の新人で公明党などが推薦する和田義明氏の初めての当選が確実になりました。

 和田氏は44歳。自民党の町村前衆議院議長の娘婿で、去年、町村氏が死去したことに伴う今回の補欠選挙に初めて立候補しました。

 夏の参議院選挙の前哨戦となった今回の選挙で和田氏は、公明党のほか、日本のこころを大切にする党と、前回の衆議院選挙で民主党を支援した、地域政党の新党大地の推薦を受けたのに対し、池田氏は、先月発足した民進党と、候補者を取り下げた共産党、それに、社民党、生活の党の4党の推薦を受け、選挙戦は、与野党が全面対決する構図となりました。

 与野党は、選挙結果が衆議院の解散戦略を含む安倍総理大臣の今後の政権運営に加え、各党の選挙協力にも影響を与えるものと見て、激しい選挙戦を展開しました。

 そして和田氏は町村前議長の後継者であると強調し、商社に20年間勤めた経験をいかして、景気対策や農産物の海外への売り込みを進めることなどを訴えるとともに、自民党と公明党は閣僚や党幹部を多数派遣し、党を挙げての組織選挙を展開しました。

 その結果、和田氏は自民党と公明党の支持層を固め、初めての当選を確実にしました。

(4月24日 NHK)

京都3区補選 民進 泉健太氏が当選確実

 衆議院京都3区の補欠選挙は24日に投票が行われ、民進党の前の議員で社民党が推薦する泉健太氏がほかの5人の新人を抑え、6回目の当選を確実にしました。

 泉氏は北海道出身の41歳。参議院議員の秘書を経て、平成15年の衆議院選挙で初当選し、前回の衆議院選挙では、京都3区で議席を確保できなかったものの、比例代表の近畿ブロックで復活当選しました。この間、内閣府政務官などを歴任し、現在は民進党京都府連の会長を務めています。

 今回の京都3区の補欠選挙は、前回、自民党で当選した宮崎謙介元衆議院議員が、みずからの女性問題で辞職したことを受けて行われたもので、泉氏など6人が立候補した一方で、自民党と共産党は候補者の擁立を見送りました。

 選挙戦で泉氏は、最低賃金の引き上げや非正規雇用で働く人の待遇改善などで消費を増やし景気の改善につなげていくことや、先月施行された安全保障関連法の廃止などを訴えました。

 そして、民進党の支持層を固めるとともに、今回の選挙で候補者の擁立を見送った自民党や共産党の支持層、それに無党派層にも支持を広げ、おおさか維新の会などほかの5人の新人を抑え、6回目の当選を確実にしました。

 当選を確実にした泉氏は「今回は平和を守る、立憲主義を守る、生活を守るを合言葉にして選挙を戦い、こうした訴えが党派を超えて多くの皆さんに届き、支援いただいたと思う。今後、国会に戻ってこうした政策を大きな声で訴えていきたい」と話しました。

(4月24日 NHK)

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です