挙動不審な眼鏡男「IS戦闘員に俺はなるっ!」 ~ イスラム国に参加しようとした24歳日本人男性をトルコ軍警察が拘束

f:id:kagura-may:20160324001018j:image:w300

移動中、落ち着かない様子だったのに気づいた軍警察に見つかり、取り調べをうけた(後、拘束)。

f:id:kagura-may:20140314095749j:image:w200

 FBでテロリストにチョろくカモられるような男に、多くを求めること自体間違いなのかも知れんが、自分探しの冒険するのなら、せめて、もうちょっと夢のあるモノを目指して欲しいねえ。海賊王とか、格闘王とか、大食い王とか、ストイック暗記王とか、ポケモンマスターとか、色々あるだろが。日本なら。

 調べに対し男性は「ISに参加するためトルコに来た」と認め、「ISの戦いの役に立ちたい」と話しているという。

 まじめな話、実戦経験の無いヤワな日本人男性が戦場に行ったところで、良くて外部との交渉担当、悪けりゃ「息するATM]や「動く弾避け」、「生きた地雷処理装置」やで。軍警察からちょっと詰められたら正体ゲロるような根性無しなようだから、自爆テロ要員にも使えない。現地じゃ間違いなく、「名もなき使い捨て」要員だな。良かったじゃないか。砂漠でスライス肉やミンチになる前に捕まって。

 もっとも、帰国後の人生は良くてゾンビだけどな。え?それは酷い? そう? 自分探しのために人を殺しに行ったんだろ? 失敗したら、自分の人生を失っても仕方ないくらいの覚悟で行ったんじゃないの?行くべきじゃなかったの? この24歳は。

「IS戦闘員になる」日本人を拘束 トルコ軍警察

 トルコ南部ガジアンテップで22日夕、過激派組織「イスラム国」(IS)に加わりにきたという日本人男性(24)が、軍警察に拘束された。トルコ紙ヒュリエット(電子版)など複数のトルコメディアが23日、報じた。治安当局によると、男性はトルコからシリアへ越境し、ISに戦闘員として加わるつもりだったと話しているという。

 ISに参加しようとして、日本国外の治安当局に拘束された日本人は今回が初めてとみられる。

 治安当局によると、この日本人男性は、ガジアンテップ中心部からシリア国境に接する県南部カルカムシュに向けて移動中、落ち着かない様子だったのに気づいた軍警察に見つかり、取り調べをうけた。

 調べに対し男性は「ISに参加するためトルコに来た」と認め、「ISの戦いの役に立ちたい」と話しているという。また、男性の携帯電話からは、フェイスブックを通じてISメンバーと連絡を取り合い、戦闘員になるよう誘われていたことも判明した。

 トルコメディアがホームページに掲載した写真では、眼鏡をかけた若い男性が武装した軍警察に囲まれ、道路にひざを付いて両手を上げていた。足元には男性の持ち物とみられる二つのバッグと携帯電話が置かれていた。

 トルコ政府は近くこの男性を「外国人・国際保護法」に基づいて国外退去処分にする見通し。

 日本人のIS参加をめぐっては、警視庁が2014年10月、北海道大の男子学生を私戦予備・陰謀の疑いで事情聴取した。学生はシリアの「戦闘員として加わろうとした」と認めた。(イスタンブール=春日芳晃、乗京真知)

(3月23日 朝日新聞)

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。