「ジャンヌ・ダルクの指輪」が仏で公開な件について

 もし本物だったら、この先、ロンギヌスの槍や聖釘のように、漫画やラノベやゲームの登場人物の特殊アイテム扱いされるんだろうなあ。

 持ち主が、おっぱい減量のかわりに、炎を自由に操れるようになるとか。

f:id:kagura-may:20160321155117p:image

 持ち主が、おっぱい増量のかわりに、すぐに腹ペコになって倒れるとか。

f:id:kagura-may:20160321155455j:image

 どっちが不幸かわからんなあ(鬼畜)。

ジャンヌ・ダルクの指輪か、仏西部テーマパークで公開

 【AFP=時事】フランス史上最も有名な殉教者ジャンヌ・ダルク(Joan of Arc)のものとみられる指輪が20日、西部バンデ(Vendee)県にあるピュイ・デュ・フー(Puy du Fou)の歴史テーマパークで公開された。

 指輪は先月、英ロンドン(London)で開催のオークションに出品され、同テーマパークが37万6833ユーロ(約4700万円)で落札した。この指輪は過去6世紀にわたり、英国にあったという。ただ、指輪の真贋については疑問視する声も上がっている。

 約5000人が詰めかけた20日の記念式典では、施設の儀礼兵や士官学校の候補生らが行進した。指輪は専用の木箱に納められていた。

 パークの創設者であるフィリップ・ドビリエ(Philippe de Villiers)氏は、フランス国歌「ラ・マルセイエーズ(La Marseillaise)」演奏に先立ち、「指輪がフランスに帰ってきた。そして、ここにあり続けるだろう」と語った。

 オックスフォード(Oxford)研究所によると、金メッキが施された銀の指輪は15世紀のものとされる。だが、付随する多くの歴史文献からは、指輪がジャンヌ・ダルクのものであるとは証明されていない。

 指輪には、十字架3つが彫られているほか、「イエス-マリア(Jesus-Maria)」を意味する「JHS-MAR」と記されている。これは、1431年に行われたジャンヌ・ダルクの裁判記録と一致している。ジャンヌは法廷で、指輪は両親から贈られたものだと語っていた。

 ジャンヌ・ダルクは百年戦争(Hundred Years War)で、イングランドの占領からフランスを守ろうと戦い、火あぶりの刑に処せられた。後にフランスの抵抗のシンボルとなり、カトリック教会(Catholic Church)により後に聖人と認められている。

 指輪をめぐっては、その真贋が疑問視されている。その背景にあるのは、数多く出回っている複製品の存在が挙げられる。北部ルーアン(Rouen)にあるジャンヌ・ダルク博物館(Museum to Joan of Arc)は、指輪が偽物である可能性があるとして、先月のオークションに参加していない。【翻訳編集】 AFPBB News。

(3月21日 AFP-BB)

 ここで「春想う湊桜」を紹介。


D

本日、東京で桜開花。春ですよー。

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。