「毛沢東が、真に中国人の敬慕に値する男なら、余の処置を是とするだろう。巨大な像など、まともな人間に耐えられるものではない」 ~ 毛沢東の金色巨大像、突然解体

 と、皇帝ラインハルト@銀河英雄伝説なら言いそうだが、残念ながら今は宇宙歴800年でも新帝国歴2年でもない。まともじゃない国の、まともじゃない人間たちが、まともじゃない巨大な像を作って、何故か急に解体するという、しょうもない事態が起こった西暦の2016年。

 破壊命令を出したのが習近平かどうかは知らないけど、仮に彼による命令だったら、理由はなんだろうな? 「田舎者が中央の指示なく出来の悪い巨大像作ってんじゃねー!」か、「作るのはいいけど、おからコンクリ像じゃねーか。自壊する前に壊させるしかないじゃん!」か、「そもそも毛沢東の像なんて胸糞悪い!金色なんてもってのほか!爆!」か。

 正直わかんないんだよね。習近平が毛沢東にどういう感情を抱いているのか。文化大革命の時の恨みの方が強いのか。それとも、独裁者の先輩としての尊敬の念の方が強いのか。はたまた、超克の対象としてのライバル意識が強いのか。

f:id:kagura-may:20150102075217p:image:w300

 いっそ、習近平がこのタイプ↑の為政者なら思考を読むこともできるけど、習近平ってば、どう考えても、ヨブ・トリューニヒトというよりは、ルドルフ・フォン・ゴールデンバウムのタイプなんだよなあ。読めないというか、読みたくないタイプ。苦手。

高さ37メートルの毛沢東の巨大金色像、突然解体される

 【AFP=時事】(更新)中国・河南(Henan)省の開封(Kaifeng)市通許(Tongxu)県の空き地に建設された、中国共産党の創立者、毛沢東(Mao Zedong)の金色の巨大像が突然、取り壊された。共産党機関紙・人民日報(People’s Daily)のニュースサイト「人民網(People’s Net)」が8日、報じた。

 政府の許可を取っていなかったためとみられる。約37メートルのこの像は今週、インターネット上に画像が出回り、世界中で話題を集めていた。

 しかし、人民網が地元当局の話として伝えたところによると、総工費300万元(約5300万円)かけて建設されたこの像は、既に取り壊されたという。同サイトは取り壊しの理由は「不明」としつつ、問題の像が地元当局で「登記や審査を経ていなかった」との他メディアの報道を紹介している。

 中国ポータルサイト「HMR」は今週、この像について、建設費用を地元の実業家数人が提供し、9か月かけて昨年12月に完成したと伝えていた。【翻訳編集】 AFPBB News。

(1月9日 AFP-BB)

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。