【ノーパンしゃぶしゃぶ経験者】セーラー万年筆の中島義雄社長解任→おっさんブチ切れて法廷闘争宣言【セーラーをしゃぶり尽くす】

旧・大蔵省を頸になってからも経済界の偉いさんに媚び売って、色んな所にヤドリギしていた中島・元主計局次長。バックの御威光よろしきを得て、セーラー万年筆に潜り込んで社長になったはいいものの、音声ペンやらロボット事業やらやることなすこと失敗続き。得意なはずの自治体への営業力も皆無で、果てには成型技術の切り売りまで始める有様。研究開発も滞り、社内はもうガタガタ。

6年間こんな状況を押し付けられたら、温厚な社内プロパーも、キレて革命起こして当然よ。例えるなら、

「たとえ京セラの稲盛和夫さんが許しても、この美少女戦士セーラー万年筆が許しません!」

てな感じか。ところで節子、その口上、セーラームーンやない。美少女仮面ポワトリンや。

ともあれ、法曹界に知り合いがごちゃまんといる中島義雄。チラつかせている法廷闘争の可能性も含めて、このまま引き下がる気は皆無だろう。ボードメンバーの切り崩しも意地になってやるだろうし、巻き込まれるだけのセーラー万年筆のプロパー社員や取引先は、いい迷惑だよな。

セーラー万年筆が社長解任…法廷闘争の可能性も

セーラー万年筆は12日、中島義雄社長(73)が代表権のない取締役となり、社長に比佐泰取締役(63)が就任したと発表した。

経営体制の刷新を図り、業績の伸展を目指すとしている。中島氏は、「今回の解職決議は無効。速やかに法的措置を講じる」などと反発しており、法廷闘争に発展する可能性がある。

中島氏は旧大蔵省(現財務省)出身。主計局次長などを務めたが、過剰接待問題で95年に退官。09年12月からセーラー万年筆社長を務めていた。

筆記具業界ではパイロットコーポレーションなどに比べて海外展開が遅れている。ロボット機器事業の不振もあり、14年12月期連結決算の税引き後利益が2億円の赤字になるなど、業績は低迷している。

(12月13日 読売新聞)

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464 ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

1 個のコメント

  • 某所の何某様がこのエントリーに目をつけていらっしゃることが分かりましたので、今のうちにコメント欄で一筆加筆しておきます。

    「『今回の解職決議は無効。速やかに法的措置を講じる』と息巻いていた中島氏ですが、結局、解職処分を受け入れ、翌2016年3月にセーラー万年筆取締役も退任しました」

    以上宜しくご確認下さい。でわ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。