【羽根を取られた赤とんぼ】福井大准教授の前園泰徳容疑者、教え子の東邦大大学院生の菅原みわ女史を絞殺【ちぎった羽根のとりかえしはつきません】

 少し前にアルビノアナグマを発見した人だね>前園容疑者。絞め殺してしまった菅原女史とは、最後の瞬間どういう関係で、どうしてこういう結末に至ってしまったのは分からない。しかし、少なくとも最初は、「赤とんぼ」という共通のテーマを追いかける研究者同士の語らいから始まった関係だったんだろうと思う。どこで道を間違えちゃったんだろうな。

赤とんぼ―三木露風童謡詩集

赤とんぼ―三木露風童謡詩集

 可愛そうなのは、菅原女史だけじゃない。前園容疑者の奥さん、

「交通事故を起こした知人の女性を(前園容疑者が)病院へ搬送している」と110番通報

 このあと、事件の真相を知らされただろうけど、事件の通報も含めて、色んな意味で裏切られていたんだとしたら、たまらんぜ。

教え子の女子院生殺害の疑い 福井大院特命准教授を逮捕

 福井県警は14日、教え子で大学院生の女性を殺害したとして、福井大学教職大学院特命准教授の前園泰徳容疑者(42)=同県勝山市長山町2丁目=を殺人容疑で逮捕し、発表した。県警は認否を明らかにしていない。前園容疑者は環境教育の指導員として県内外で知られていた。

 県警によると前園容疑者は12日早朝、東邦大大学院生の菅原みわさん(25)=同市本町1丁目=を、同市内の路上に止めた菅原さんの軽乗用車内で首を絞めて殺害した疑いが持たれている。

 12日午前8時ごろ、前園容疑者から通報の依頼を受けた妻から「交通事故を起こした知人の女性を(前園容疑者が)病院へ搬送している」と110番通報があった。前園容疑者は通報内容通り、菅原さんの軽乗用車を運転して市内の病院に搬送。菅原さんは同日午前8時半ごろ、病院で死亡が確認された。

 県警が軽乗用車を調べたところ、死亡事故に至るような大きな損傷がなく、菅原さんの遺体にも目立った外傷がなかった。前園容疑者から事情を聴いたところ、「菅原さんが事故を起こしているのを見つけたので病院に搬送した」と説明したが、司法解剖の結果、絞殺された疑いが強まったという。

(3月14日 朝日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。