【世が世なら】森田都史君殺害事件で近所住人の中村桜洲容疑者が逮捕される ~ 和歌山県紀の川市【破戒僧】

 事件の目撃者がいたのと、中村容疑者が地元で問題行動をやらかしていて、以前から住民に目をつけられたのが奏功して、事件が早期解決したのは良かった。しかし、大学教授の息子ってのはともかく、僧侶の息子が子供殺しと言われると、なんだかとても末法な気分だなあ。

f:id:kagura-may:20150207084822j:image:w200

近くに住む22歳男を逮捕 和歌山の小5殺害、容疑否認

 和歌山県紀の川市後田(しれだ)の空き地で5日、市立名手(なて)小学校5年の森田都史(とし)君(11)が殺害された事件で、和歌山県警は7日未明、現場近くに住む無職、中村桜洲(おうしゅう)容疑者(22)を殺人容疑で逮捕した。捜査関係者が明らかにした。中村容疑者は「私は男の子を殺していない。男の子を見たこともない」と容疑を否認しているという。

 県警は6日、中村容疑者から任意で事情聴取するとともに、同日深夜から殺人容疑で自宅の捜索を始めた。自宅からは数点の刃物を押収したという。容疑が固まったとして、逮捕に踏み切った。

 捜査関係者によると、中村容疑者は5日午後4時14分ごろ、紀の川市後田の空き地で、森田君の胸などを刃物で刺し、失血死させた疑いがある。司法解剖の結果、遺体には約10カ所の傷があり、頭頂部にも傷があった。

 森田君を襲ったとみられる男を目撃した近所の男性は「刃物のようなものを左手に二つ持っていたと思う」と県警に説明したという。県警は、胸と頭の傷の状態の違いや目撃した男性の証言から、森田君が複数の凶器で襲われたとみて、捜査を進めてきた。

(2月7日 朝日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です