【偶然か】上海・外灘の将棋倒し36人死事件は、人災の可能性【策謀か】

 観光客が密集したスポットに金券をばらまく。悪ノリしたダンスクラブ従業員による悪戯にも見え、大事故の誘発を想定した活動家による工作行為にも見える。弥彦神社事件での福餅蒔きのように、純粋な善意が悲劇を生んだという可能性もある。この「どれも真相になりうる」不安定な状況を演出することこそが、犯人の目的だとしたら、少々恐ろしい。そして、それを利用する「上海閥」シンパの連中も恐ろしい。

花を手向ける人らが訪れたが、警備担当者らは将棋倒しが発生した階段付近ではなく、階段を見下ろす位置にある陳毅上海市元市長の像に向けて献花するように指示しており、ちぐはぐな光景がみられた。

f:id:kagura-may:20140622134353j:image

 恐ろしいというより、いやらしいね。

上海将棋倒し、死者36人 響く悲鳴に警官「下がれ!」の叫び声ばかり

 【上海=河崎真澄】中国上海市で元日の新年カウントダウンのため数万人が集まった観光名所、外灘(バンド)で起きた大規模な転倒事故で1日夕、重傷を負って病院に運ばれた1人の死亡が確認され、死者数は36人になった。負傷者47人が病院で治療を受けているが、13人は重傷という。

 インターネット上で1日夕に公開された事故当時とされる動画によると、大通りに面した外灘の陳毅広場から、市内を流れる黄浦江沿いの高台の遊歩道に上がってカウントダウンを見ようとする群衆が殺到。身動きが取れなくなった状況であちこちから悲鳴が聞こえ始め、階段で数人が倒れ込んだのをきっかけに、将棋倒しが広がったようだ。

 警官など警備関係者の姿も数人みえるが、ほとんど人の流れを整理したり、制限したりしておらず、混乱が続いていた。

 「往後退(下がれ)!」と叫ぶ声ばかりが響き、倒れ込んだ人を助け出す通路さえ確保できない状況が少なくとも30分は続いた。

■米ドル金券ばらまきとの関連は…

 華僑向け通信社、中国新聞社電によると、事故直前に将棋倒しの現場近くの建物の3階から米ドル紙幣に似せた金券をばらまいた人物がおり、それを拾おうとして観光客らが集まって騒ぎになったとの目撃情報を伝えたが、将棋倒し事故発生との関連性は不明だ。

 一夜明けた事故現場では1日、花を手向ける人らが訪れたが、警備担当者らは将棋倒しが発生した階段付近ではなく、階段を見下ろす位置にある陳毅上海市元市長の像に向けて献花するように指示しており、ちぐはぐな光景がみられた。

 路上には多数の警察車両が並び、警官らも事故現場付近にいたが、1日も多数集まった観光客らの安全を図るでもなく、たむろして雑談する光景が目撃されている。大みそかのカウントダウン時の警備態勢が十分でなかった可能性がある。

(1月1日 産経新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です