【恨の文化】「朴槿恵の噂に関する朝鮮日報の記事を紹介した」産経新聞ソウル支局長に、ソウル中央地検が「およびだし」【火病炸裂】

f:id:kagura-may:20121225184355j:image

 公私両面の意味で、こんな感じ↑に揶揄されたんなら、流石にキレてもいいと思うけど、違うんだよね?。

 産経だからさ、対韓国ネタについて好意的な論調のコラムを載っけるワケがない。しかし、それにしたって、韓国国内から発信されているネタを紹介したのを名誉毀損扱いってのは、一足飛びすぎじゃないかい?。ネタ元の朝鮮日報や現地の証券業界誌が産経同様のペナルティを受けているとは、トンと聞かんのだが。ちゃんと、彼らにも圧力かけているよね?。じゃなければ、不公平。

 朝日新聞の植村隆がやらかした「吉田清治の従軍慰安婦捏造報道」問題に対して、「アサヒ、貴方疲れているのよ」「記事は嘘でも慰安婦問題は間違いなくあるんだから関係ねーし」といった擁護論を展開している韓国政府&メディアだから、今更変な期待はしない。

 ただ、聞く耳を持ちたくなるくらいの公平性だけは最低限示してもらわんと、主張の中に傾聴すべき真摯な一欠けらが混じっていたとしても、全体として聞く気にならないから無駄ってもんだよ。分かってるのかね。あちらさんは。

韓国:産経支局長へ出頭要請…ソウル地検、大統領記事巡り

 【ソウル澤田克己】韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権が、4月の客船セウォル号沈没事故当日の朴大統領の動静に関する疑惑追及に神経をとがらせている。当日の動静と関連して朴大統領の男性関係についてネット版のコラムで言及した産経新聞には、青瓦台(大統領府)が「民事・刑事上の責任を問う」と表明。9日付の産経新聞によると、名誉毀損(きそん)の疑いで市民団体からの告発を受けたソウル中央地検は8日、記事を書いたソウル支局長に、12日に出頭するよう求めた。

 発端は、金淇春(キムギチュン)青瓦台秘書室長が7月7日に行った国会答弁。大統領が、事故当日の午前10時に書面報告を受けてから午後5時過ぎに対策本部を訪れるまでに「空白の7時間」があることが明らかになった。その後、大統領はその間に24回の報告を受けたものの、すべて書面だったことが分かった。朴大統領は普段から直接聞くより書面での報告を好むとされる。金室長は、秘書官の部屋が大統領と別棟で「少し離れているので」と釈明した。

 これに関連し、韓国紙・朝鮮日報が同月17日、金室長の答弁で「大統領がひそかに誰かといた、といううわさが出た」と指摘するコラムを掲載。産経新聞(電子版)は今月3日、コラムの紹介に加え、「証券街の関係筋」の話として男性関係をめぐるうわさに触れた。

 韓国では、名誉毀損容疑での告訴や告発が多く、捜査機関が告発を受ければ、調べを始めるのが一般的だ。

 ▽小林毅・産経新聞東京編集局長の話 記事は韓国国会でのやりとりや朝鮮日報コラムの紹介が中心で、記事を理由に名誉毀損容疑で出頭を求められるというのは理解に苦しむ。

(8月9日 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です