グループC通過はコロンビアとギリシャな件について

前日までの勝ち点順位

コロンビア6 コートジボワール3 日本1 ギリシャ1

結果

コロンビア9 ギリシャ4 コートジボワール3 日本1

 うへぇ。まさかギリシャが滑り込んでくるとはなあ。

f:id:kagura-may:20140625192134j:image

 ってことはないだろうが、腐っても鯛か。オリンポスの神々のご加護は流石やで。

 それに引き換え日本。「ちょっと本気になってやるぜ」コテンパン経由「控えのGKで交代枠使うから付き合ってね」とか、ドイツ大会のブラジル戦の悪夢再び。まさかここまで酷いとは。

 でもまあ、そう考えると、次のロシア大会は健闘するのかな?。日本代表。だって、フランス大会惨敗→日韓大会健闘→ドイツ大会惨敗→南アフリカ大会健闘→ブラジル大会惨敗の順番から考えれば、次は健闘の番やん。

 そうとでも考えないと、やってらんない。そう信じて、出直しを見守ろう。

ギリシャ奇跡の突破!コスタリカ戦でも番狂わせ狙う

【ブラジル・フォルタレザ24日(日本時間25日)発】奇跡を起こしたのはギリシャだった。試合終了と同時に控え選手たちがピッチになだれ込み、激戦を制したイレブンと抱き合った。3回目のW杯出場で初めてこじ開けた決勝トーナメントの扉。「海賊」の異名をとる無骨な軍団が新たな歴史の1ページを作った。

 ドラマは後半アディショナルタイムに待っていた。スコアは1―1。このままでは敗退が決まると思われたなかで、エリア内でFWサマラス(29)がコートジボワールMFシオ(25)に倒された。主審のジャッジはPK。サマラスがこれを落ち着いて決め、土壇場で勝ち越した。

 初戦、第2戦と守備的なサッカーを続けてきたギリシャは3戦目でガラッとスタイルを変えた。前線から激しくチェックに行き、攻撃的なサッカーを展開。前半10分にMFコネ(26)、18分にはGKカルネジス(28)が故障で交代というピンチに陥ったが、集中力は切れずに前半42分に先制ゴール。中盤でコートジボワールのバックパスをカットし、コネとの交代で入ったMFサマリス(25)が決めた。

 後半はコートジボワールの猛攻をしのげず、29分に失点。MFカルー(28)のスルーパスがMFジェルビーニョ(27)に渡り、最後は途中出場のFWボニ(25)に決められた。だが、その後は攻勢に出て、35分にはDFトロシディス(29)のシュートが右ポストを直撃。劇的弾のお膳立ては整いつつあった。

 初戦のコロンビア戦が0―3の完敗。初戦で敗れたチームの決勝T進出確率が8・7%という状況は日本と同じだった。だが、2戦目の日本戦で退場者を出しながらスコアレスドローに持ち込み、この日の勝利を呼んだ。最後まであきらめない気持ちこそがギリシャのお家芸。決勝T1回戦コスタリカ戦(29日=日本時間30日)でも番狂わせを狙う。

(6月25日 東スポweb)

 ここで「きんモザOPが全く気付かないうちにごちうさOPになるとは言ってない」を紹介。


D

これはよいマッシュアップ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。