【取り下げ】「ネイチャー」に発表されていたSTAP細胞論文2本のうち1本、小保方晴子の合意のもと、撤回へ【取り引き】

f:id:kagura-may:20140528205954j:image

 多くを語る必要なし。小保方女史が論文の片方をひっこめることに同意するのを条件に、理研は彼女への懲戒レベルを1段階引き下げることに同意したってことだろ。おそらくは。

 理研は、先日NHKに「笹井の致命傷になりかねない」該当論文の新しい疑惑ネタをリークした身内を粛清し、組織内を抑える時間と余裕が欲しい。小保方陣営は、切れるカードが枯渇している状況で、少しでも実利が欲しい。そういうことだろ。

 それにしてもねえ。こういう取引を、事態が大事になる前にコーディネートするのが、「デキる」弁護士先生のお仕事じゃないのかねえ。本来なら。それでも、まだ自分が介在しての「今日」なら、先生のプライドには爪の先くらいの大きさだが救いの道はある。

 というわけで、三木のダンナに一つ質問。あんた、今日のこの「取引」の内容、表と裏のどちらの立場からでもいいが、メディアで発表される瞬間までに、欠片でも把握してたかい?

STAP論文 1本取り下げの意向

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です