【やはり宇宙産業では】無人補給船ドラゴンの打ち上げ成功【米国が一歩先か】

 がんばれJAXA。がんばれイプシロン。

 しかし、商業ベースでの改良合戦となると、どうしてもアメさんの方が一歩先って感じだなあ。根本的に違う技術の土俵で勝負する必要があるかも。例えば、愛知の町工場ベンチャー・PDエアロスペースが研究やっている、ジェット/ロケット切り替えエンジンとかどうよ。あれは面白いと思うんだけどなー。

無人補給船打ち上げ…若田船長がドッキングへ

 【ワシントン=中島達雄】米民間宇宙企業スペースX社は18日、国際宇宙ステーション(ISS)に物資を輸送する無人補給船ドラゴンを、米フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から同社のファルコン9ロケットで打ち上げた。

 飛行士の食料や宇宙実験の材料など約2・5トンを積んでいる。日本時間の20日夜、ISSに到着する予定で、船長の若田光一さん(50)らがロボットアームでつかんでドッキングさせる。ISSには現在、日米露の飛行士6人が滞在している。

 ドラゴンは引退したスペースシャトルに代わる補給船の一つで、ISSに物資を届けるのは4回目。

 同社は将来、打ち上げたロケットを軟着陸させ、再利用することを検討している。今回は初めて、着陸用の足が付いたロケットを使用。ドラゴンを切り離して大西洋に落下するまでの間、速度や高度などのデータを取得した。

(4月19日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。