五輪よりW杯準備が喫緊の課題過ぎるブラジルな件について

 IOCの指摘はごもっともなんだけどさ、サッカーW杯向けの準備すらままならない今のブラジルに、二兎を追えというのも酷な話やで。まして、過去の放漫財政のツケがボディーブローのように効いてきている中、10月の大統領選まで、わざわざ火中の栗を拾うようなテコ入れを、ルセフ政権がやるとは到底思えないもんなあ。これはもう、

f:id:kagura-may:20140310220139j:image

「OH・TE・A・GEダヨ!」

 結論。IOCは、今、ブラジルの組織委員会のケツを引っ叩いてもムダ。大統領選後の新政権が、「ハイパーインフレ怖い」と緊縮財政政策に逃げ込まないよう、今からお国の偉い人たちにフォローの準備をさせとく方が、よっぽど有効。

リオ五輪、建設遅れ・水質汚濁に「危機的状況」

 【ベレク(トルコ)=大野展誠】国際オリンピック委員会(IOC)が9日に行った夏季五輪国際競技連盟連合(ASOIF)との合同会議で、2年後のリオデジャネイロ五輪の競技会場、宿泊施設の建設の遅れや水質汚濁への不満が噴出した。

 18の競技団体が発言したが、不満を述べなかったのは1団体だけで、「危機的な状況で、みんなが心配している」と、ASOIFのリッチビッティ会長。IOCのバッハ会長は「我々も心配している。第一は政治の問題だ」と、政府の支援の乏しさを理由に挙げた。

 バスケットボールや射撃など8競技を行うデオドロ会場は工事が始まっておらず、ゴルフ会場は芝の育成も始まっていないという。ブラジルは6月にサッカーのワールドカップ開幕を控え、急速な進展は見込めない。危機感を募らせるIOCは同日の理事会で、リオの組織委員会と電話で会談し、見通しを確認する。

(4月10日 読売新聞)

 ここで「第12回MMD杯Ex】イーノックが艦娘たちと踊ってみたようです。」を紹介。


D

増えてるね。艦娘も。イーノックのダメージも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。