【電磁加速砲】米海軍が、2016年度にレールガンの洋上試験を開始【超電磁砲】

f:id:kagura-may:20140408141503j:image

【カーニバルダヨ!】米海軍、輸送揚陸艦にレーザー兵器システムを搭載【カーニバルダヨ!】(2014/3/10)

 1月前のこのエントリーでチョロッと触れていたレールガンが、本格的な試験段階に。従来のミサイルと比べて、射程と弾速は数倍、コストは数十分の1。そりゃ、採用を検討しない方がおかしいわな。某ビリビリが、レベル5の第3位に食い込むわけだわな。

 問題は、戦場での運用に耐えうる命中精度の向上と破壊力の調整を、どこまでできるか。仮に、今のミサイルと同レベルの使い勝手をレールガンでも達成出来たら、将来の海戦は、「レールガンを搭載した戦艦同士の砲撃戦が主体」ってことになるのかねえ。例えば、こんな感じの。

「ヤン提督が鎮守府に着任しました」


D

 やばいね。キケンな中二心が色々といきり立つ。

電磁加速砲、洋上試験へ=輸送艦に据え付け-米軍

 【ワシントン時事】米海軍は7日、開発中の電磁加速砲(レールガン)について、2016会計年度(15年10月~16年9月)中に試作機を最新鋭の高速輸送艦に据え付け、洋上での実証試験に入ると発表した。

 レールガンは、火薬に代わり電磁エネルギーを利用して弾を撃ち出すため、発射される弾の速度(弾速)が従来方式に比べはるかに速く、射程も長い。海軍は、実用段階のレールガンの射程は200キロ超、弾速はマッハ7超に達すると見積もる。

(4月8日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です