日本マクドナルドHDの原田泳幸体制が終焉した件について

しかし、マックの迷走はまだ終わらない。就任直後、目先の収益を出す為に、同社の過去の資産を壊し尽くしたからな。原田の旦那は。1年や2年くらいの手直しじゃ、どうにもならん。

 挙句にこの2,3年の悪手で、自らマックのブランドにとどめを刺しての今日の発表。

せいぜい、夜道には気をつけることだねえ。あんたに怨みを持っている人間の数は、今まで出した「ハッピーセット」の種類よりも、確実に多いんだからさ。

<日本マクドナルドHD>CEOにカサノバ氏 原田氏会長に

日本マクドナルドホールディングス(HD)は19日、社長兼最高経営責任者(CEO)に、事業運営会社「日本マクドナルド」社長のサラ・カサノバ氏(48)を充てるトップ人事を発表した。3月下旬の株主総会を経て就任する。原田泳幸会長兼社長兼CEO(65)は会長に就き、在任10年を機に経営陣を刷新する。

原田氏はアップルコンピュータ(現アップル)日本法人社長を経て2004年、日本マクドナルドの経営を任され、不振だった同社の業績を「V字回復」させた。ただ、6日に発表した13年12月期連結決算が、2期連続の減収減益となるなど、他の外食チェーンやコンビニエンスストアとの競争激化で最近は苦戦。昨年8月、マクドナルド・カナダ出身で、マレーシア、シンガポールの責任者だったカサノバ氏に日本マクドナルド社長職を譲っていた。【神崎修一】

(2月19日 毎日新聞)

ここで「【第12回MMD杯本選】ミク・ソーヤーの冒険OP」を紹介。


D

おっほい!おっほい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です