広島の53歳住職が、交際中の22歳女子大生をボコって逮捕

「社会人としてきちんとしてほしかったのでやった」

僧職の50代のオヤジが、30歳も下の未婚娘に手を出しておいて、「社会人としてキチンと」とか、よく言えたもんだ。

53歳住職が殴る、蹴る 交際中の22歳女子学生に暴行

広島東署は29日、交際中の女性に暴行し、ケガを負わせたとして、傷害の疑いで広島県庄原市東城町の住職田辺芳樹容疑者(53)を逮捕した。

逮捕容疑は24日午前10時頃、交際中の女子大学生(22)が住む広島市内のマンションで、この女性の全身を殴ったり蹴ったりして3週間のケガを負わせた疑い。

広島東署によると、田辺容疑者は「社会人としてきちんとしてほしかったのでやった」と容疑を認めている。女性の母親が県警に届けて発覚した。

(11月29日 スポニチアネックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。