ヤマダ電機、全取締役降格。山田昇会長が社長復帰 ~ 創業者がコーポレートガバナンスより過去の自身の豪腕をあてにするようになったら、その会社は長くない。

そもそも、任せられる後継者や経営陣を育てられなかった時点で、山田のオッサンは自分自身が責任を取るべき。そして、経営の第一線から身を引き、外部から現経営陣をまとめて再出発できる人材をTOPに据えてこそ、会社の継続性は高まるというものだ。

賭けてもいい。今回のこのドタバタに対して証券市場は必ずしも歓迎しないし、ヤマダの業績も中期的には、より悪化トレンドを辿ることだろう。

ヤマダ電機、全取締役降格…山田会長は社長復帰

家電量販店最大手のヤマダ電機は30日、創業者の山田昇会長(70)が6月27日付で社長に復帰する人事を発表した。

一宮忠男社長(57)は代表権のある副社長に降格し、全取締役の役職を一段階下げる。会長は空席とする。異例の人事について同社経営企画室は「業績の悪化を反省し、新年度の事業計画を達成するための措置」と説明している。

ヤマダは、薄型テレビの販売不振などが響き、2013年3月期連結決算の税引き後利益が2月時点の予想より120億円少ない220億円となる見込み。株主への年間配当も当初予定より16円減らして60円とするなど、業績の不振が鮮明となっている。

山田氏の社長復帰は5年ぶり。新たな収益の柱と位置づける住宅事業や、昨年買収したベスト電器との共同仕入れによるコスト削減など、山田氏主導で業績改善を目指す。

(4月30日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。