つくづく中国は周回遅れな連中だと思った高速鉄道事故な件について

 事故現場の安全確認もそこそこに運転再開するわ、検証もせずに事故車両を埋めるわ、都合良く死傷者数は誤魔化すわ、ネットに流れた批判記事は片っ端から削除するわ、挙句に国営新華社通信からの「大本営発表」な内容以外、主要メディアが事故の報道を流すことはまかりならぬ報道統制を敷くわと、これでもかと言う位、政治的後進国っぷりを発揮している中国。オカシイを通り越して怖いよ。このハリボテ大国。

中国鉄道事故 死傷者数混乱 早期幕引き急ぐ当局

 【温州(中国浙江省)=河崎真澄】中国高速鉄道の追突事故をめぐっては、早期の事態収拾で“幕引き”を図りたい当局側の思惑が鮮明となり、ネットを武器に批判を強める世論とのズレも次第に広がっている。

 死傷者の数をめぐっては、中国国営新華社通信の報道と鉄道省の公式発表が食い違う異例の事態となった。

 24日午前に新華社電は死者数35人と伝え、さらに同日夜、新たに8人の遺体がみつかったと速報。死者数を43人とした。ところが同日深夜に、鉄道省報道官が記者会見で「私が把握している死者数は35人という数字だけ」と述べて新華社電を事実上否定。また同報道官は負傷者数を192人と発表し、新華社電が伝えていた210人以上との報道も退けていた。

 しかし、新華社電は25日午後には、地元当局者の話として死者は38人になったと報じ、被害の掌握をめぐる混乱は続いている。

 だが、2本の列車に合わせて1400人前後が乗車し、このうち4両が高さ約20メートルの高架から落下する大惨事。ネット上の調査でも25日夕の段階で、鉄道省発表の死者数の数字について「信じられない」という声が圧倒的に多く、浙江衛星テレビも同日、「(発表された死傷者以外に)行方不明者がまだ多数いるもようだ」と疑念を呈した。

 負傷者が30人近く運び込まれた温州第二人民医院で働く女性ボランティアは産経新聞の取材に、「ここで負傷者が24日に3人死亡した」と話し、行方不明の家族や知人を探す人の姿が25日もみられた。

 現場では、追突した列車の運転席を含む最前部が土中に埋められたほか、落下した車両の解体や撤去作業が優先されたことに、ネットでは「生存者がいるかもしれない車両を重機で解体した作業は殺人に等しい」などと当局を非難する発言が続々と書き込まれ、「技術的な問題を隠そうとする当局の狙いがあるのではないか」と疑う声も強い。

 鉄道省報道官は「先頭車両を埋めたのは危険を回避する緊急措置だった」と会見で釈明したが、事故後わずか1日半で運行を再開したことに、現場検証など事故原因の調査をないがしろにしたとの批判もある。

 胡錦濤指導部などトップに対する責任問題への波及や、内政への影響を懸念して事態収拾を急いだとみられる当局側の狙いが、ネット世論に揺さぶられて裏目に出た可能性もある。 

(7月25日 産経新聞)

 それにしても、こんな連中のメンツ(共産党90周年記念)のために、急造の欠陥鉄道に乗らされて殺された犠牲者が哀れに過ぎる。この上、事故原因の究明すら満足に行われないままにコトが終わったら、北京の偉い連中は、犠牲者の怨霊に憑り殺されても文句は言えないぞ。

 まあ、天安門やチベットや内モンゴルの数万人単位の怨霊でもびくともしない連中が相手だから、今回の犠牲者程度では分が悪いのは分かるけどさ。

 ここで「【けいおん!!】 HEAVEN TONIGHT【MAD】」を紹介。


D

「けいおん!!」勢にはもうちょっと頑張って欲しいんじゃよー>最萌。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。