「ハートキャッチプリキュア!」第44話「クリスマスの奇跡!キュアフラワーに会えました!」感想 ~ 「あなたに素敵なクリスマスプレゼントを」だった件について

「今年のサンタはおばあちゃん」、今日はそんなお話。同時に

「認めない!キュアフラワーのサインまで入ったレアものクリスマスカードをGETできた貴方を犠牲者を呼ぶだなんて、絶対に認めない!」と、神楽がしっと魂メラメラ号泣状態にもなった今回の「ハートキャッチプリキュア!」。脚本:「今日は変化球投げ過ぎだろ」栗山緑御大、演出・絵コンテ:「復活エピ担当一筋です」畑野森生氏、作画監督:「オールラウンダーの面目躍如」小島彰御大という、さてどんな収まりになるのかとウキワクだった第44話、「クリスマスの奇跡!キュアフラワーに会えました!」。

で、結論、「ババキュア様・超最強伝説」。以下、個人的見どころをサクッサクッ×10と列記。

  • アバン。来海えりか嬢@CV水沢史絵女史、クリスマスツリーを前にしていきなりウザカワ。そして今回のゲスト幼女・まゆか嬢@CV天野由梨女史(!)、ツリーに「プリキュアに会いたい」と短冊をつりさげるの図。色々と勘違いしているが、だが、それがいい。
  • しかし、今回のまゆか嬢役の天野由梨女史といい、るみ役の玉川砂記子女史といい、はるか役の皆口裕子女史といい、ハトプリのゲスト幼女役は揃って四十路声優さんか。胸が熱くなるな。
  • デューン様@CV緑川光氏と花咲つぼみ嬢@CV水樹奈々女史、ニアミス。でも今回のエピソード的には関係無し。
  • まゆか嬢は虚言癖持ち。また微妙に重いネタを…。落ち着いて彼女を糾弾するお友達sの詰めが、その痛さを増幅させる展開。さすが精神攻撃大好きの栗山脚本。
  • そして「久しぶりのドヤ顔」つぼみ嬢も嘘つき…じゃないか、一応>「友達がプリキュア」。肝心なところはノータッチな発言だけど。どうでもいいけど「お姉ちゃん=甘美な響き」って、解釈次第では結構危ないよね(笑)。
  • 「プリキュアに会いたい」イベントへの動員にアッサリ応じる青金銀。ゆりさん@CV久川綾女史、丸くなったなあ。それともいつも通り幼児に甘いだけか?。
  • と、ここまでくれば、何かのトラブルで想いが叶えられなかったまゆか嬢がデザトリアン化一直線と考えるのが普通だが、そんな予想を裏切ってデザトリアン化されたのは、クリスマスのリア充達を前にため息を吐くアルバイトサンタ兄ちゃんにして、携帯の待受画面がハトプリな、何と言う俺たち。まあ確かにハトプリ終了が近づいて、こころの花が萎れまくりの俺たちだから、クリスマス関係なく狙われそうな状態にはあるけどさ。
  • そう言うわけで、この時点では「今回は俺たちの代弁者デザトリアンを応援せずばなるまいよ!」と考えていましたが、解放された後、赤青金銀桃・プリキュア5のサイン入りクリスマスカードなんてGETできた裏切り者になったことにより、前言撤回。てめーは俺たちの敵だ!(笑)。
  • 今回の見どころは、ムーンライトさんすら圧倒するしっとマスク、もとい「クモジャキーさん@CV竹本英史氏&コブラージャさん@CV野島裕史氏と被害者・プリヲタのウホッ3P合体」雪だるまデザトリアン…をも瞬殺する「聖なる光に輝く一輪の花」キュアフラワーさん@CV坂本千夏女史のチートぶり。まさかの分身技・ダークネスイリュージョンもといフラワーカーニバル凄過ぎるだろ。デザトリアンの内部に侵入して直接クモコブをボコるなんて、想像の斜め上過ぎる。
  • 前半戦で吹っ飛ばされたキュアサンシャイン@CV桑島法子女史の色っぽさや、串刺し氷漬けのプリキュア4、「なるほどそれで今回のゲストはレイン@天野由梨女史だったのか!」キュアブロッサム&キュアマリンの石破ラブラブ天驚拳もといクリスマスインパクトの衝撃も吹き飛ぶその存在感。流石は史上最強プリキュア・キュアフラワー、恐るべし。スタミナと装備の点を除いた純戦闘力だけでみれば、フラワー>ムーンライト>サンシャイン>マリン>ブロッサムで決定だな。
  • 最後は、まゆか嬢が友達に嘘ついてごめんなさいの謝罪告白してめでたし。と思ったら、そこに「レイプ目イケメン」デューン様登場、キュアフラワーをはじめとするプリキュア5驚愕の図で次回に続くの巻。
  • まゆか嬢の友達に金田朋子女史声の子がいたね。金朋女史はやっぱり「こっち」の方が本職だよなあ。あれ?そう言えば今回の花ことばと淫獣のUNKOシーンは?
  • 原画の「るたろー」氏のパートってどこだろう?。エロエロよー!なシーンを中心に探してみたけど、良く分かんなかったんで、気付いた人教えてくだちい。
  • 今回は、栗山脚本が下手に変化球を投げ過ぎたせいか、構成的には少し難あり。「被害者・俺たち」な流れはともかく、各パートがコマ切れ過ぎ&場面移動フラフラし過ぎだったかも。あと、戦闘シーンも前半のサンシャイン孤軍奮闘&ムーンライト無双、ブロマリの天驚拳、キュアフラワー超無双までは良かったんだけど、肝心のボコられる2幹部の描写がどうにもお馬鹿&アッサリし過ぎて手抜きな片手落ち。でも、それ以外は基本◎。まゆか嬢の虚言癖が解消される経過も含めて、全体としてまずは佳作な出来だったような気がします。
  • 来週は、急転直下なシリアス展開。アマゾン(?)に大量落下する砂漠化爆弾に続き、漂流教室もかくやという具合で世界的に砂漠化進行。次回予告で、折れそうになるプリキュア達の心を鼓舞するのは流石のゆり姐さんですが、さて、それだけで砂漠の使徒との最終決戦に挑めるまでブロマリ達の士気は高まるのかな?。そこらへんにひと匙ふた匙隠し味を仕込んだ演出を期待したいものです。

ここで「危険な黒子」を紹介。


D

へんたいよくできました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。