高山陣営が陳謝=新井田戦の八百長発言で-ボクシング・WBAミニマム級

「自制心レスな無法地帯」が広がってゆく…見苦しいったらありゃしない。種を蒔いた亀田一党は責任感じ…るわけねーか。ヤレヤレ┐(´ー`)┌

 東京・後楽園ホールで7日にあった世界ボクシング協会(WBA)ミニマム級王座統一戦で、新井田豊(横浜光)に敗れた高山勝成(グリーンツダ)の戸塚貴信マネジャーは9日、日本ボクシングコミッション(JBC)を訪れ、試合直後に判定結果について「八百長だ」などと発言したことを陳謝した。JBCの安河内剛事務局長は口頭で注意した。

試合は接戦で高山が1-2の判定負け。戸塚マネジャーは試合直後に採点が新井田寄りで公平性を欠いたと批判。JBCに対し民事訴訟も辞さないとする強硬な態度を示していた。

「八百長」の発言について戸塚マネジャーは「暴言だった。高山のために引き下がってはいけないとの思いで言ってしまった。ミスだった」と撤回し、訴訟も起こさないとした。ただし、今後はレフェリーやジャッジの選定、採点基準などで不透明性を排除するようJBCに求めた。

(4月9日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です