日経新聞本社に火炎瓶 昭和天皇発言報道関連か

 21日午前2時15分ごろ、東京都千代田区大手町、日本経済新聞社東京本社社員通用口に、ミニバイクに乗った男が火炎瓶のようなものを投げ付けた。発火しておらず、建物に被害はなく、けが人もなかった。

日経新聞は20日付朝刊で、昭和天皇が靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)に不快感を表す発言をしていたことを示すメモの存在について報道。警視庁は火炎瓶処罰法違反(使用)容疑で報道との関連も含めて調べる。

調べでは、現場には瓶の破片やガソリンのような液体が散乱していた。ガソリンを入れた瓶の口に布を差し込んで投げたとみられる。

同社の男性社員が、瓶の割れる音や逃走する男を目撃。男は紺色の上着と赤い野球帽のようなものをかぶっており、ミニバイクは屋根付きだったという。

(共同通信) – 7月21日

モロトフカクテルは左巻きな人たちのお好みと思ってましたが(古!)。…もしかして、「右翼馬鹿の暴走!」を演出したい誰かさんの…てなわけないか(^^;。にしても

ミニバイクは屋根付きだったという

何気にらぶりぃな趣味のテロリストだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。