シンドラー社は誠実に対応を、と国交省次官が苦言

 東京都港区で起きたエレベーター事故で、国土交通省の佐藤信秋次官は8日の定例会見で、住民説明会に出席せず、国交省への情報提供を一時拒否するなどした「シンドラーエレベータ」(江東区)の対応について、「誠実に対応すべき」と苦言を呈した。

(読売新聞) – 6月8日

外資の子会社(まして被征服企業)に自発的な対応を求めてはいけません。彼らには営業所としての権限しか付与されていないんだから。ちなみにスイスの本社は、今回の問題を「子会社と整備会社の不手際」で押し通し、彼らを「切って」終わりにする気マンマン。国土交通省もそれを分かった上で「ポーズ」的に出先子会社に圧力をかけてるんだから、人が悪いというか。

外資相手に本気で責任追及する気があるなら、最低でも本社の極東地区マネージャークラスと話をしないと埒が開かないですよ。それも長丁場なネゴ&最終的に日本子会社の尻尾切りを甘受することを前提にですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。