ゴミ捨て場で児童の遺体、猟奇殺人か?調理の痕跡

 3日午前10時(日本時間午前11時)ごろ、甘粛省・蘭州(らんしゅう)市城関区にあるゴミ集積場で児童の遺体が発見された。白色のビニール袋に入れられていたもので、調理された痕跡があるという。警察では殺人などの疑いで捜査を開始した。

 遺体が発見されたのは、市内の一部から生活ゴミや医療ゴミが運び込まれるゴミ集積所。数十人の作業員が利用可能な廃品を選別していたところ、ビニール袋から児童のものと見られる両腕と肉塊、骨を見つけた。さらに、袋の中からは生姜などの調味料も発見された。

 警察では、遺体に加熱調理された痕跡があるとして、殺人や死体損壊などの疑いで捜査を開始した。遺体で発見された児童の年齢は5-8歳とされているが、目下のところ性別の判定はできていないという。

 遺体の入った袋は現地時間の2日21時から23時の間に、他の生活ゴミと一緒にトラックで運ばれてきた可能性が高いとされている。そのため、警察ではトラックにゴミが積み込まれた可能性がある地域をローラー作戦方式で捜査することにした。(編集担当:如月隼人)

(サーチナ・中国情報局) – 4月4日

 ベルルスコーニのヨタ認識の斜め上をリアルで行く中国。さすがと言うべきか、何と言うべきか。とりあえず…「こわいよー!!6月また中国出張なのにーっ!!」(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

 でも心配する必要ないか。神楽の肉って食べるには年取りすぎてるし、しまりが無いし、脂肪も多いし…(悲しくなってきたので中止)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です