よくやるよなぁ

“浪速の弁慶”亀田大毅が23秒KO勝ち…パンチ4発

 プロボクシングの“亀田3兄弟”の二男、亀田大毅(17)(協栄)が26日、パシフィコ横浜でプロデビューとなるスーパーフライ級6回戦に出場、開始23秒でKO勝利を飾った。

 出したパンチは4発だけ。サマート・シットサイトン(タイ)を、左フック一発で沈めた。

(2006年2月26日19時0分 読売新聞)

 で、この相手ですが

【 招請禁止ボクサー 】 ((財)日本ボクシングコミッション)

下記ボクサーの2006年度の招請を禁止します。

(中略)

サマート・シンサイトン(タイ) 3連続KO負け(注:2/26の試合は含まず)

SAMART SITSAITHONG

/PASSPORT NAME:PANMEE SAMART

 お兄ちゃんの時よりも露骨というか暴走しているというか…。ヤオ疑惑で既に招請禁止決定のボクサーを、わざわざ猶予期限ギリギリに呼んで試合やらせる必要がどこにあるのか、神楽には全く理解できません。それもデビュー戦という晴れ舞台にですよ? いいかげん、亀田一家(と協栄)は実力を疑われるようなマッチメークは止めるべきではないでしょうか。兄ちゃんも弟もそれなりに実力はあると思うんですが。

 それとも後援会のスジ者連中や連中とつるんでる親父、そして協栄が亀兄弟に負けることを許してくれないのかなあ。だったら少しだけ同情するけど。今度の兄ちゃんの相手(カルロス・ ボウチャン)も、最近の戦歴を見たら「なんだこれ…」だし。いくらなんでも、もうちょっとまともなランカーとやらせてやれよ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です