TCA、10月末現在の携帯電話・PHS契約数を発表! イー・モバは9月に引き続き純増数が増加

 イー・モバイルの2位って、ミニノートPCとの抱き合わせ販売の恩恵だろ(苦笑)。一番大事な要素なんだから、きっちり伝えてくれよ>RBB TODAY。

 もっとも、神楽は、イーモバを携帯電話の範疇に入れるのには昔から違和感バリバリなんですよね。携帯「端末」とみても、各スペックの相性無視な設計は未だに違和感バリバリですが。ほんと、一体誰がイーモバ選んでいるんだろう?。お仕事用端末として、首都圏企業が大量に法人契約でもしてるのか?。

 電気通信事業者協会(TCA)は、2008年10月末現在の携帯電話・PHS契約数の事業者別契約数を発表した。

 発表によると、携帯電話の契約数合計は前月比0.3%増の1億513万3,800件だった。事業者別では、NTTドコモは3万2,700件純増の5,396万9,600件、auは4万6,700件純増の3,049万8,400件、ソフトバンクモバイルは11万8,400件純増の1,975万1,600件、イー・モバイルは10万2,500件純増の91万4,200件。イー・モバイルの契約純増数が先月よりもさらに増え、好調なのが伺える。

 プリペイド契約は1万5,200件純減の162万件、通信モジュールは2万7,600件純増の245万500件、携帯IP接続サービスは13万8,300件純増の8,986万5,800件。

 PHSの契約数合計は前月比2万2,700件純減の456万3,800件で、事業者はすべてウィルコムとなっている。契約純減数が先月よりもさらに増えている。

 なお、携帯電話とPHSの契約数合計は前月比0.3%増となる1億969万7,600件。

(11月10日 RBB TODAY)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です