PS2ゲーム「舞-乙HiME 乙女舞闘史!!」感想vol.2

 「舞-乙HiME 乙女舞闘史!!」の感想第二弾。「Festival」をトモエ・シズル・ハルカ・ナツキ・ニナ・ハルモニナ・ミユ・舞衣・アリカでクリアしましたんで、ちょいと感想をば。あと、前回ナオのところでの強攻撃効果に関するコメント、ちょいと先走っておりました。結構複数キャラにあるスキルなのですねー>遠距離攻撃での動き封じ。失礼しました。

  • トモエ:ナオ以上に遠近どちらでもバランス良く攻撃できる優等生タイプ(そのまんま)。でもバトル中コメントは「蛆虫×∞」で超お下品(笑)。スピードそこそこ、手数も多いのでサクサク削るのには適したキャラ。舞攻撃を出す条件がライト(位置取り&ゲージ溜め)なので、こちらで手っ取り早く片をつけたい方向けキャラでもあるかも。遠近共にエレメントでの攻撃が主なので画面上の間合いが取りやすかったです。あと、勝利時コメントは一番ワルかっこいい!。
  • シズル:ちょっとがっかりしたキャラその1。近距離強攻撃の「覚悟はよろしおすか?」以外にあんまり特徴らしきものがないってのは…。遠距離の「舞HiME」25話・道成寺アタックも、相手との距離を勝手に縮めてしまうのは、ちょっと余計なお世話かも。使い慣れたらまた違うんかなあ?>感触。
  • ハルカ:「どつきあいの鬼」キャラ。スピード(特に横ステップ)はとろいし、連射もイマイチだけど、とにかく1発あたりの攻撃力が半端じゃない。ただ、ステップ回避をサボるとノーガードの打ち合いになりがちなんで、サバイバビリティ的にはどーかなー?。敵にしたときは「強!」と感じたけど、使う側的にはちょっと不満かも。
  • ナツキ:使い勝手の良さで言えば、3本指に入ります。基本的に遠距離コンボでバシバシ削ればほとんどノーダメージで勝てる上、近距離戦になっても百烈脚(仮)でイナフ&強攻撃ゼロ距離射撃で更にイナフ→自動的に距離が取れて遠距離コンボでバシバシ再び…どうした学園長!?。ヘタレの名が泣いているぞ!!(笑)。
  • ニナ:はんぱだ。あまりにもはんぱだ…。バトルの特徴だけでなく、バトル前の掛け合いも…。友達と先輩とは日ごろから仲良くしとこうと思った。会話のネタがないってツラヒ…。
  • ハルモニナ:ハルカに似て、攻撃の破壊力はかなーり強い。…が、(ガードブレイクのおまけはあるけど)近距離攻撃の連射はきかんわ、遠距離でハルカのハンマーWヒットのようなボーナスは無いわ、決定的に動きはとろいわで、全体として「いやーん」なキャラ。使い手のタイプによるかもしれないけど、まだアカネの方が使い勝手がいいかも。ちょっとがっかりしたキャラその2。
  • ミユ:「近距離コンボの術師」キャラ。逆に言うと、残りの攻撃はイマイチ。アリッサちゃん使い辛っ!。でも、アカネとの掛け買いにはワロタですよ。DNAというか前世の記憶と言うか、こわいねえ。トラウマって。
  • 舞衣:使い勝手の良さ3本指その2。遠距離「あっついのいくわよー!」攻撃でこんがり焼かれるのは屈辱の極みだろう>相手。近距離のナックルボンバーラッシュも激強。しかし、本人の体力がイマイチなので、ハルカやアリカクラスとのノーガードの打ち合いはお勧めしない。遠距離と舞攻撃で焼いて焼いて焼きまくるのが王道。ちなみにこちらでも前世の記憶が(笑)。マテリアライズ画像が新作なのも嬉しいところ。OVAのを流用?。とりあえず、立ち画像とあわせて「おぱーいマンセー!」。
  • アリカ:使い勝手の良さ3本指その3。遠近両方での弱攻撃のラッシュの速さと破壊力は異常。ミユが「近距離コンボの術師」なら、アリカは「近距離コンボの神」キャラ。ステップのスピードも速くて超使いやすい。一方、強攻撃はイマイチ隙が大きすぎるので、ひたすら弱攻撃連打のコンボでイナフ。主人公キャラなせいか、非常に初心者に優しいスタンダードタイプな強キャラ。

 あと、キャラで出ていないのは、レナと蒼天アリカver1.5及び2.0、そしてミコトですか。もう少しで「Festival」も終わりだなー。

 …とかなんとか言ってたら、「Survival」…ちょ、まて。全ステージクリアのためには2000戦以上せにゃならんのか!?(^^;

舞-乙HiME 乙女舞闘史!! (限定版)

舞-乙HiME 乙女舞闘史!! (限定版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です