MV22オスプレイの自衛隊導入検討は当然な件について

 特に尖閣諸島をはじめとする離島奪還能力の向上は、仮想敵国への抑止力になる。その抑止力強化の姿勢を鮮明にすることは、国内の売国奴や左巻きアナキストに対する明確な「意志表示」になる。

オスプレイ、自衛隊導入に向け検討へ

 米海兵隊が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備した新型輸送機MV22オスプレイを巡り、防衛省は2013年度、自衛隊への導入を検討する方針を固めた。

 南西諸島など離島の防衛強化をにらんだもので、安倍新政権の下で導入に向けた検討が加速する可能性がある。

 防衛省はすでに、オスプレイの具体的な活用方法などに関する調査研究費500万円を13年度予算案に計上する方向で調整中だ。

 在日米軍のオスプレイは普天間飛行場に12機が配備されている。今月13日には中国機が尖閣諸島周辺の日本領空を侵犯し、自民党内からも「対中国の抑止力という観点からも、導入すべきでは」との声が出ている。

(12月22日 読売新聞)

 「国際平和の推進」や「人心の平安の尊重」はもちろん大事な命題だが、国家が責任を持って最優先で進めるべき義務は、先の二点よりも「国家の安全の強化」だ。その大原則を理解できないお花畑な輩とは、議論をする意味が無い。

 ここで「【東方】レミリアお嬢様は中二病でもご飯が食べたい!【手書き】」を紹介。


D

うわあ…ほどよいくらいに厨二病をこじらせてるな>お歴々。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です