3年前の「アキバ露出狂女」沢本あすか女史事件と同じだな

オタク4世代論 アキバ王が語るオタクの“ライト化”

<下着露出>アキバ路上で撮影会開いた女逮捕

 煽る阿呆に脱ぐ阿呆。同じ阿呆なら煽らにゃ損損。このリビドーダダ漏れスパイラルが続く限り、「第☆の沢本あすか女史」や「片桐えりりか女史の後継者」なキワモノ道化女は、これからもゴロゴロ出てくる傍から自滅していくんだろうな。つくづく「無責任阿呆=無敵」な時代になったものだと思います。

室内で花火、動画中継 「ネットアイドル」の女、書類送検

 自称ネットアイドルの女が今年6月、東京都江戸川区のマンション室内で花火に火を付けて騒ぎを起こし、警視庁葛西署に軽犯罪法違反の疑いで書類送検されていたことが3日、捜査関係者への取材などで分かった。騒ぎの一部始終は撮影されていたとみられ、インターネットの動画投稿サイトで生中継されていた。

 送検容疑は、6月3日夜、江戸川区内の知人男性のマンション室内で花火に火を付けたとしている。捜査関係者の話や動画サイトに残っていた映像によると、女は室内で椅子に約20本の花火をくくりつけて着火。一度は、男性の注意を受けて中止したものの、再び着火、この様子を動画サイトで生中継していた。

 同日午後11時ごろ、異変に気づいた近くの住民が119番通報。建物に延焼などの被害はなかったが、消防車数台が駆けつけるなどの騒ぎとなった。消防隊や警察官が部屋に駆けつけたとき、女は室内にはいなかったが、遠巻きに撮影は続けられていたとみられ、消防隊や警察官が付近を調べる様子もサイトで中継されていた。

 女は普段からネットの動画サイトに自分の裸の映像を投稿するなどし、アダルトビデオにも出演していたため、ネット上で話題になっていたが、この騒ぎでネット上に批判が集中した。女はブログで「本当色んな人に迷惑かけまくりでした 久々に大泣きした もう人の家の中で花火はしません」とコメントし、謝罪の動画を配信した。

(7月4日 産経新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です