<電車内痴漢>植草元教授が全面否認 「天に誓って…」

 電車内で痴漢行為をしたとして東京都迷惑防止条例違反に問われた元大学院教授、植草一秀被告(45)=拘置中=は6日、東京地裁(神坂尚裁判長)の初公判で「天に誓ってそのような行為を私はしておりません。無罪を確信しております」と述べ、起訴事実を全面否認した。検察側は冒頭陳述で、植草被告が事件直後、警察官に「電車の中で女性に不快感を与えるようなことをしました。私がやったことに間違いありません」と認めていたことを明らかにした。

 冒頭陳述によると、植草被告は9月13日夜、京浜急行の品川―京急蒲田駅間の下り電車内で、女子高校生の尻を約2分間触った。被害者が「やめてください」と抗議すると、会釈して謝るそぶりを見せたが、「恥ずかしくないんですか」と追及されると、ドアの方を向き、無関係を装った。その後、男性乗客2人に取り押さえられた。

 植草被告は意見陳述で「大量に酒を飲み睡魔に襲われたのが事件に巻き込まれた一因。犯人にされ家族が報道被害を受けると思い、ネクタイで首を絞め自殺を図ったが阻止された」と述べた。

 植草被告は04年にも、JR品川駅で女子高校生のスカートの中を手鏡でのぞこうとした同条例違反容疑で逮捕され、05年3月に同地裁で罰金50万円、手鏡没収の判決を受けた。この裁判でも無罪を主張したが、控訴せず有罪が確定している。【篠田航一】

(毎日新聞) – 12月6日

 事件後これ幸いとばかりに、長期に渡って拘留され「関係者」に色々弄くられまくった植草氏には、ちょっとだけ同情。でも、詰まるところそれもこれもみんな貴方の性癖と往生際の悪さが元凶。NRI時代、最初の結婚がアレじゃなけりゃ少しは違った人生歩めたのかもしれないけどね(性癖ってのは大半生まれつきor幼少時の人格形成の結果だからその時点じゃ無理?)。

 

 とりあえずアレだ。「過去に彼を擁護していた自分を擁護したがっている」擁護派&冤罪主張趣味な知識人サン達の魂を解放してやるためにも、そろそろ本当のこと言ったらどうですよ?>ミラーマン。「天に誓って~」発言の真贋がどうとかのノイズが、またぞろ事の本質を覆い隠す前にさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です