<阪神株>村上氏帰国、空港騒然「プライバシーはないのか」

 阪神電気鉄道の株式公開買い付け(TOB)を巡り、TOBに応じるかどうか注目を集めている投資ファンド(村上ファンド)の村上世彰氏は31日、滞在先のシンガポールから帰国、午後1時半、中部国際空港(セントレア)の到着ロビーに姿を現した。村上氏は待ち受ける報道陣に、「この国にプライバシーはないのか」と叫びながら振り切り、空港の駐車場につけた迎えの車に乗り込んだ。

 村上氏は青色の帽子にパーカー、サングラス姿。ひげはのびたままだった。立ち去る間、村上氏の付き添いと見られる男性2人が報道陣のテレビカメラなどをたたき落すなど、空港内は一時混乱した。【井崎憲】

(毎日新聞) – 5月31日

 目くそ鼻くそに怒るの図。今回は一方的な「正義の味方」「真実の使者」気取りで失礼ぶっこいてる報道連中の方がより「糞」だけど。まあ、空港という公的な場でプライバシーってのもアレですが、強制捜査が近いと知ってアワ喰っての帰国なんだから、これくらいのテンパリ具合は許してあげたくもなりますね。

インサイダー取引規制―不正はなくなるのか (教育社新書―TREND BOOKS)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です