<全日空>「スマップ」の搭乗確認ミスで遅れ…新千歳空港

 1クールくらい後の「SMAP×SMAP」で、このエピソードというかハプニングのパロディが演られるのに100カノッサ。

 北海道・新千歳空港で4日午後0時半ごろ、離陸のため滑走路に向かった全日空の羽田行きボーイング777(乗客503人)が、搭乗人数の再確認のため再び出発ゲートに戻り、48分遅れるトラブルがあった。人気グループ「SMAP(スマップ)」のメンバーや関係者の搭乗確認が不十分だったことが原因。同社は「確認ミスで遅れを出したことをおわびします」と話している。

 全日空によると、スマップのメンバー5人と関係者の計15人は3日夜行われた札幌ドームでのツアーを終え、帰京するため、新千歳空港で搭乗手続きを行った。全日空は混乱を避けるため、全員を一般客とは違うルートで搭乗口まで案内したが、それぞれの搭乗券のチェックを行わずに機内に搭乗させた。

 同機は定時に出発したが、その後、搭乗券のチェック漏れに気付いた。全員が乗っているか分からない状況になったため、同機に連絡してゲートに戻らせた。確認の結果、15人が全員乗っていた。搭乗者の確認はドアを閉める前に行う規則になっており、いったんゲートを出発してから搭乗確認のために戻るのは異例という。【窪田弘由記】

(12月4日 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です