<光母子殺害>「命尽きるまで謝罪」元少年の手紙紹介

f:id:kagura-may:20070923153809j:image

 だからさ、毎度毎度、安田氏はじめ本件の弁護団は何を目的にこういうことやらかすのよ?。裁判戦術的には、こんな「私信」を「判決公判直前の時点」で「公表」すること自体、世論の反感を買ってマイナスだってこと考えなくても分かるだろ?。こんなんだから「政治/思想的自慰行為のオカズにこの裁判を使っている輩の集まり」と言われるんだよ>弁護団。

 思想信条の中身はともかく、弁護活動としては最低な今回の手紙公表という行為。神楽はこういう「プロ意識に欠けるプロ」連中の仕事が一番嫌いです。彼らに比べたら、その本心はともかく職務をパーペキに遂行する「セレブ御用達カミソリ」弘中惇一郎氏の方が1万倍尊敬できる弁護士ですね。

 山口県光市の母子殺害事件で、殺人罪などに問われた当時18歳の元少年(27)の弁護団が12日、広島市中区で講演。22日に広島高裁で判決が言い渡される差し戻し審の争点を説明し、元少年が07年12月に遺族の本村洋さん(32)に出した「命尽き果てるまで謝罪を続けていきたい」という手紙の内容を紹介した。

 市民団体「光市事件裁判を考える会」が主催。安田好弘・主任弁護人が「1、2審の弁護団が争わなかった事実関係を差し戻し審で見直した。元少年には実質1審だ」などと話した。手紙には「生きていたいということが本村さんをどれだけ苦しめているかを知ってしまったぼくは、身の置き所がない」などと書いていたという。

 また、弁護団がこの日、判決前の気持ちを元少年に聞いた際、「私にとって大事なのは判決日ではない。14日(事件当日)です」と反省の意思を示したことを明らかにした。【大沢瑞季】

(4月12日 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です