<ライブドア公判>「最終判断は堀江前社長」 宮内被告証言

 証券取引法違反に問われたライブドア(LD)前財務担当取締役、宮内亮治被告(39)は8日の東京地裁(小坂敏幸裁判長)公判で、粉飾に問われている自社株売却益の売り上げ計上について「最終判断は堀江」と、改めて前社長の堀江貴文被告(33)=分離公判中=の関与を証言した。

(毎日新聞) – 9月8日

 実質的に投資事業が主体の企業で、経営責任者が投資・財務関係の最終判断を「たとえ形式的であれ」下さないところなんてあるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です