首都圏に大地震が来る事自体は言われなくても分かってる件について

 30年以内に70%の確率でってことも。そんなロングタームな予想は、ぶっちゃけ無意味に近い。細かく何処でどれだけの震度でってことも、まあ誤差の範囲だわな。

 覚悟はできているんだよ。少なくとも、そのありがたくない未来予想図を認識はしている。教えて欲しいのは、官も民も、被災地で地震に遭ったら何をすればいいのか、何をしちゃいかんのかってことだけ。ガスと火はどこからやってくるから避難の時は風向きを云々とか、ヒャッハー!な連中が徒党を組んできたら住民はどういう風に連中を処分すれば云々とか。虚脱と恐慌に時間を使うことは無駄の極みってことだけは分かってるんだからさ。

首都圏地盤に力、南関東のM7級誘発も…東大研

 東日本大震災で起きた地殻変動の影響で、首都圏の地盤に力が加わり、地震が起きやすい状態になっているとの解析結果を、東京大地震研究所のグループが22日、発表した。

 解析結果は、大震災後に発生した地震の分布ともほぼ一致している。同研究所では、国の地震調査委員会が今後30年間に70%の確率で起きると予測しているマグニチュード7級の南関東の地震が誘発される可能性があるとして、注意を呼びかけている。

 同研究所の石辺岳男・特任研究員らは、首都圏で過去24年間に起きた約3万の地震で破壊された領域が、大震災でどのような影響を受けたかを解析。地震が起きやすくなる力が働く領域は約1万7000で、起きにくくなる領域の約7000よりも多いことが分かった。震源が30キロよりも浅い地震は静岡県東部から神奈川県西部で、30キロよりも深い地震は茨城県南西部、東京湾北部で起きやすくなっていることが判明した。

(4月22日 読売新聞)

 ただなあ、個人的には東北→茨城→千葉と来て、次に南関東って流れに素直になるかなあって気がするんだよなあ。フェイントで東海・南紀あたりがポンと来るんじゃね?と変な予感があるんだけど。

 ここで「だが男だ。」を紹介。


D

「デブだからって 力があると 思うなよ」。まさに至言。 「シュタインズ・ゲート」キテルよねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です